HGUC ネオジオング
進捗報告1


分割してユニット毎に少しずつ製作しているHGUCネオジオングですが今回はプロペラントブースターの白い部分にBMCタガネでモールドを追加したり、それの基本塗装が終わったりましたのでご報告してみたいと思います。


並行して製作中のHGUC バイアランとサイコガンダムですがバイアランは塗装待ち状態まで行ったのですが、サイコの方はまだ未着手のパーツが結構ありペンディングしています。殆ど同じ塗料を使うので一緒に塗った方が効率的だと思いますので出来るだけ速やかにサイコを塗装準備段階まで持っていきたいところです。


話は戻ってネオジイオングですがプロペラントブースターの白い帯ですがキットのままだと大味な気がしたのでBMCタガネでモールドを追加して情報量を増やしてみました。


試作品というか完全なるワンオフの急造品みたいな機体だと思いますので外装は継ぎ接ぎだらけの急ごしらえなイメージで情報量を増やしていきたいと思います。


この手の機体を作る時私は左右非対称な感じでモールドを彫って量産機とは異なる雰囲気を出すようする事が多いです。









ちょっと嵌めてみました。






私が愛用している水筒よりも遙かに大きいです(笑)


ノズル関連も今年の春頃塗装し終わっていたのでこれも使って仮組みしてみましょうかね。


やっぱりノズルが付くと迫力が増します。


今の目でみると長方形ノズルの中ほどにある凸状の丸モールドが少し寂しい気がしますので後日マグネットセッターか何かでディテールアップしてみたいと思います。


という事で今回は以上です。
巨大な分、プラモ化すると大味な印象を受けるパーツも多いキットです。

その分BMCタガネやジャンクパーツを用いたディテールアップが映えるキットだと言えますのでじっくり時間を掛けてハッタリの効いた巨大メカとして仕上げていきたいと思います。

次回予告ですがその他仕掛かり品の進捗記事が投稿出来るかも知れません。という事でご期待ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください