HGUC REVIVE版ギャン
完成報告。


今回の投稿はHGUC REVIVE版ギャンの完成報告です。


デジカメ撮影の鬼門とも言える藤色系の淡いパープルで塗装したため現物の色を捉えるのに苦労しました。上の写真とこの写真は現物にかなり近いです。


正面。
この写真は現物よりかなり青みが強くなってしまいました。

ぱっと見シンプルですが胴体部分腹部パーツで上下合わせて約5mm延長。踝の間接パーツ部分で約2.5mm延長と縦に縦にと伸ばしていきました。


前腕部分は後ハメ加工し袖の部分を別パーツ化。この工作の副産物として前腕部分に捻りのある可動を加えることが出来るようになりました。頭部も挟み込み構造なので後ハメ化しておきました。


この写真は少し現物に近付いています。


背面。
バックパックは光沢仕上げ。ノズル部分はクリアーレッドでグラデーション。


結構手が掛かっていますが今回はモールドを彫りたくったりせずにあくまでギャンらしさを大事にして制作することを心掛けました。


頭頂部の槍みたいな装飾はしっかりシャープ化。


可動範囲はご覧の通りよく動きます。


ビーム・サーベル。
私の世代は「レーザー剣」の方が馴染み深いですね(笑)


シールドの取り付けはワンタッチでぱちんと装着する方式ですが塗膜が傷つきそうで怖かったので一旦手首を外して取り付けました。途中バタバタしだして結局パチンと取り付ける事になるのですが(笑)ということで実際は余程派手にガリガリやらない限り大丈夫です。



この写真が実物の色味にかなり近いです。この一枚を撮るのに相当苦労しました。。。


これも結構良い感じ。現物はこの淡さのままもう少しだけ赤みがあって自分で言うのもヘンな話ですが結構上品なカラーリングになったのです。現物に近い色を撮れず本当に悔しいです。


昨日完成したロールアウトカラーのREVIVEガンダムと。
後ほど対決させます。


ザクF2と。


兄妹揃って夢の競演!!


そしてまさかの兄妹対決!!
ギャンがこうして生まれ変わったのもひとえにサザキ君のお陰です。


彼の功績は計り知れない。


「今回も教えてあげるよ…。プラモの出来栄えがガンプラバトルに勝つための絶対条件ではないという事を!」

※それでもちゃんと丁寧につくりましたwww


騎士っぽいポーズで。


ZIMADロゴやジオンマークはガンダムデカール。それ以外のコーションデカールはHIQパーツがメインです。


とにかく今回はギャンらしさを重んじましたので貼り過ぎないようにしました。



肘にはHIQパーツの金属パーツを貼付け。


膝も然り。


足裏にも貼って単調にならないようにしました。


バックパックは先述の通り光沢仕上げ。4層くらい吹いておりテカテカです。


今回は調色もトップコートの乗りも自己ベストと言っていいくらいしっくり決まりました。


リアアーマーは可動式。HGでは滅多にないことなので嬉しいですね。


ギャンと言えばやっぱりこのシールドです!


凝った可動ギミックがあり手首の前に引き出したりすることが出来る優れものです。


盾でありながら火薬庫でもあってしばしば矛盾の代名詞として揶揄されてきましたが飛道具が仕込まれた盾のパイオニアでもあります。




Amazonプライムで予習してきましたので第37話「テキサスの攻防」を当ブログなりに再現してみたいと思います!


マ「シャアとの小競り合いでビームを使い過ぎたのだよ!」






大佐「マ・クベめよくやる…」




マ「シャアを図に乗らせないためにはガンダムを倒さねばならんのだよ!」


アムロ「汚い手しか使えないお前はもうパワー負けしている!」
wwwwwwwwwwwwwwwwwwwww




マ「なんと!」


今回はギャンが主役なので無理矢理逆転させてみました。この二機は一度しか戦った事が無いですがなかなか良いコンビです。


本キットの組み立て説明書にも書かれていますがレーザー剣はグリップが分離出来るようになっていますので手に持たせる時はこうやって分解して持たせます。付属の手首はちょっとばらけ易いので接着しておきました。


勿論左手でも持てます!


但し手首の根元の可動ギミックが着いているのは右手首のみです。


付属品は右手首が2種(武器持ち手、手首の根元が可動する武器持ち手)と左手首とシールド、レーザー剣です。


付属品一式。


ということでHGUC REVIVE版ギャンの完成報告でした。

ビルドファイターズ一期第一話で颯爽と登場しその後もガルバルディを撃破したりちょこちょこ進化しながら何度も見せ場を作ってはその度に我々にリメイクを期待させたのですが、当時は旧HGに装着するオプションパーツが発売されたことでリメイクの希望は一度潰えたかに見えました。

しかしながらその後ガンプラ35周年を記念してREVIVEが始動したことで今回完全新規でギャンが産まれ変わる機会を得ました。私は世代的にギャンと言えばマ・クベでしたがビルドファイターズ以降はサザキ君の貢献も無視出来ないと思います。とにかくREVIVEされて良かったです。

私は自分好みに結構プロポーションを弄りましたがキットそのままでも充分にギャンらしいスタイリングを楽しむ事が出来ます。オールドファンにも今からガンプラを何か作ってみたいという初心者の方にもオススメ出来る名作キットです。

次回予告ですが恐らくギラ・ズールかソルバルウの進捗報告になるかと思います。ご期待ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください