HGUC MSN-04 サザビー
完成報告完結の巻。

000a
昨年の6月23日に完成報告を行った「HGUC サザビー」ですが前後編二度に分けての投稿とアナウンスしておきながら前編だけで終わっておりました(笑)

ということでおよそ一年三ヶ月ぶりに後編を兼ねた投稿とさせていただきます。当時の撮影技術は今の目で見ると未熟な部分が多々あったため再撮影し完結編として投稿であります!

000b

当時はまだMG Ver.Kaも出ていない時期でしたのでサザビーのキットではHGUCが至高とされていました。

今の目で見ても非常に出来の良いキットなのですが当ブログでは敢えてよりスマートな体型になるようにプロポーション変更を行っております。

001

1/144スケールにして全高約19cm。股関節がキットのままだとBJ接続で可動範囲が狭い印象があったので脚部延長を兼ねてザクF2の太腿ロール部分を移植しました。

002

背面。

003a

ファンネル射出はタミヤさんの『透明ソフトプラ材 2mm丸棒』を使用。

非常に使えるマテリアルで当ブログお馴染みの素材です。

003b

なかなかファンネル射出のディスプレイは難しく、結構試行錯誤しました。

004

005

006

007

008

ファンネルコンテナの内側は塗り分けが雑です。
今じゃ考えられないですが当時はこれが私にとっての限界でした(笑)

009

小指の塗装が少し剥げてました。

010

コンパウンドでテカテカに反射するように磨きました。
エッジの白サフが少し露出しているところがあるのですがこれがまた反射しているように見えて良い感じです(笑)奇跡ですねwww

011

肩もしかり。

012

後述のステーパーツ替わりのスタンドを多用するので股間の蓋パーツは無しです。

013

脚部はただでさえユルめのザクF2のジョイントを使用しながら更にポリパテ工作箇所が多くあるので保持力はかなり低い仕上りになってしまいました。。。

といっても自立や地に足の付いたポージングは殆ど問題無く決まります。

014

バックパックのエッジもコンパウンドで磨いた際に少し白サフが露出してしまいましたがこれも光沢のおかげで丁度良い感じになっているかも知れません。偶然ですがwww

015

リアアーマーは独立可動し分離も可能です。

016

センサー?っぽいところにはVCドームを嵌め込みました。

017

ステーパーツ替わりにコトブキヤさんの「メカニカルベース フライング3」を使用することにしました。

これで脚部の保持力不足を補いつつ、より大胆なポージングを可能としました。

018

接地性を気にせずにガニ股状態でも安心してディスプレイ出来ます。

019

保持力が低いとは言いつつもこういうアクションは問題無く決まります。

横に開く可動が緩いという感じです。

020

飛行状態。

021

ビームサーベル二刀流!!

022

似たポーズですがメカニカルベースをステーパーツとして使用することで脚を開いた構えも決まります!

023

片足だけ設置したポージングも良い感じに。

024

台座が正八角形で設置面積が大きいので助かりました。

025

続いてシールドのご紹介であります。

026

裏面は腕部の塗装剥げ対策にあっさり目に。

027

保持は問題無しです。

028

1/144スケールでも非常に巨大です。
MG Ver.Ka もいずれ当ブログでトライしてみたいなと思います。

029

劇中でも多用されていましたがキットでも取り回し易くて大佐の気持ちが少しわかる気がします(笑)

030

ビームトマホーク。
斧状の刃と斧と剣が合体したような刃が付きます。

031

ビームライフル、ビームサーベル、ビームトマホーク共に武器持ち手に生えている接続ピンで保持しますのでしっかりと握らせることが出来ます。

032

033

034

035

036

037

モノアイは勿論左右にスイング可動します。
レンズ部分はHIQパーツさんのVCドーム(グリーン)2mmに置換しているので光をたっぷり拾います。

038

ということで当ブログのHGUCサザビー完成報告はこれをもって完結とさせていただきます。気付けば当ブログ右カラムに並んでいるサムネイルも今回のサザビーで60個目となりました。時間が経つのはあっという間です。

HGUCの逆シャアものは全てに言えるのですが素性が極めて優秀なのでそれをベースにどれだけ自分好みに弄るかという楽しみ方もあるかと思います。

勿論パチ組みでも充分な色分け/可動範囲が確保されているのでそのままでもオススメであります〜

さてさて次回はHi-νガンダム Ver.Ka & RE1/100 ナイチンゲールの制作記事といきたいところですが、なかなか時間が取れずちょっと小話がてらお助けパーツのご紹介等を行うかも知れません。皆様のガンプラライフのお役に立てれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください