HGUC RGM-96X
ジェスタキャノン
トライスターな完成報告。

000a
HGUCジェスタキャノン完成報告であります。

000b
後半はジェスタキャノン単独というよりもトライスターといった感じになっていきます。

001
正面。
今回も少しディテールアップした以外はキットのままです。非常に出来の良いキットで御座います。

002
003
004
モールド追加と所々にプラ材で突起を付けたりしてみました。

005

ビーム・ライフル/グレネード・ランチャーはキットのままだと重くて手首の関節が負けますが塗装したら丁度良いテンションになりました。

006
銃後部の蓋は差替え式で閉めることが出来ます。

007
肩のアポジモーターはジェスタは銀にしましたがジェスタキャノンは金にしてみました。

008
増加装甲のスクエアなデザイン。
キットのままで完璧に近い出来なので余計なことは殆どせずエッジを立てるにとどめました。

009
今回は特にピクセル迷彩が似合います。

010
配色は設定よりも淡めにしてドライな仕上りを目指しました。

012
今回もジェスタ同様豊富な手首パーツが付属します。

011
手首に表情が付くだけでポージングの幅が拡がりますね。

013
ビームサーベルは腰サイドアーマーに収納。
サイドアーマーはこれかグレネード版と選択式で装備します。

014
ガンキャノンのメモリアルアクション風に!

015
ごっついライフルがとても魅力的です。
これがあまりにもカッコ良いので他の選択肢が目に入らず通常版のビーム・ライフルは制作せぬままです(笑)

016
実に「兵士」っぽいMSです。
米軍がMSを作ったらこんな感じに仕上げてきそうですwww

017
立て膝は増加装甲の厚みも加わってより自然な姿勢を取る事が出来ます。

017b
017c
023
017d
劇中まさかゼータプラスがあのような扱いで終わるとは思いもしませんでした(笑)

出るだけ奇跡みたいなところがありましたのでなんだかんだでキット化されもしましたので有難いと思っております。

当ブログでは後日複数機作って無双させて成仏していただく予定であります。

018
三機揃いました!!!

019
020
021
対して改造もしていないのでひとつひとつの作業は難しくないのですがまとめて作ると結構なボリュームがあって大袈裟な言い方になりますが結構タフな制作となりました。

しかしこうして並べるとやって良かったなという気持ちになりますね。「本家」三連星の06Rの時はもっと工数が掛かりました。

024
前回のズゴック三機制作の際にも使用しましたが、今回も「魂STAGE ACT TRIDENT」を使用しました。

カラーは全開クリアでしたが今回はスモークブラックにして三連星らしさを出してみようと思います。

025
いろいろ指図を出しながら出撃。
MSVっぽい写真が取れました!!!
私が欲しかった写真はこれですよコレコレ〜

個人的にはここで満足してしまい後の作業のモチベーション維持がとても大変なものになりました(笑)

026
ロンドベルの三連星の勇姿をご堪能ください。

027
028
?!!!!

029
030
一斉射撃!!!

031
シナンジュとの対戦が映像化されることを期待しておりましたがOVAでは地球にとんぼ返りしてしまい死闘は無し。

反面誰も死ななかったのが救いですね。

032
ロンドベルが北米シャイアンの基地で捜査に入る一連のシーンが鮮やかで本当にカッコ良かったですね。

短い時間ではありましたがトライスターの優秀さがよく伝わってきました。

033
ですが同時に大佐にナギナタを使わせるシーンも観てみたかったです。

OVAではシナンジュもある意味尺や予算?の犠牲者で最終回での戦闘シーンはほぼ無しでしたね。ネオジオングの中心に直立不動で鎮座したまま腕をもがれた時は「あ、パージしないんだ泣」と思い知らされました(笑)

そろそろネオジオング制作も始めたいですがアレを作り出したら他の仕掛品がほぼ全て止まりそうでwww手始めにナイチンゲールをキッチリ作り上げる事が出来るようになってから考えようと思います。

034
ワッツ「おかげで死なずにすんだ」www

035
036
037
038
久しぶりにシナンジュを引っ張り出してきましたが良く出来たキットですよこれは。

我が家にあるのはチタニウムフィニッシュ版なのですがパチ組み+シールでこの完成度です。

ちょっと高いですがオススメです。

039
今回のジェスタx2、ジェスタキャノンの制作でビームライフルは二種三丁制作しました。

040
手首パーツは非常に豊富で一体当たりなんと7個も付属します。

合計21個と大満足の内容となります。
やはり固定指は偉大です。

041
今回の制作物一式。
ここまで大ボリュームになるとは!
当ブログ屈指の一大プロジェクトとなりました。

000c
ということで三回に分けてご紹介致しました。ジェスタ、89式ベースジャバー、ベースジャバー、ジェスタキャノンの完成報告はこれにて終了です。

ロンドベルのMSが完成するのは当ブログで初のことです。

今まで割と過剰にモールドを彫ったりデカールを貼ったりして勿論それが今も気に入っているのですが今回の作例ではあっさり目にしてみました。

それでもまだこってりしてますが(笑)キット自体が本当に優秀だったのでそれを活かしたかったのです。そういう点でこのキットはHGUCザクF2を彷彿とさせる部分があります。

キットの完成度が高いと手を加えれば加える程、余計なものが付いていく時があります。

例えばジェスタやジェスタキャノンが今日新製品として同じ内容でリリースされたとしてもほぼ誰もが高い評価を下すと思います。とても3年前(ジェスタキャノンはジェスタのリデコで2013年発売)に出たガンプラとは思えない出来で逆に今だったらビルダーズパーツHDのMSハンドが存在する為、ここまで豊富な手首パーツは付かなかっただろうなと思います。

先日ジェスタキャノンの再販がかかりましたので店頭にも久しぶりに並んでいます。私も機会がまた作りたいと思います。硬派なリアルメカがお好きな方には特にオススメであります〜

さて次回予告ですが遂に 『MG Hi-νガンダム Ver.Ka』と『RE1/100ナイチンゲール』に着手です。

巨大キット連発となります。それに並行してシュツルム・ガルス、ゴッグ、ゼータプラス等も必ず完成させたいと思います。あわよくばZⅡも年内に完成させたいですがこの辺りがボーダーな気がします。

そろそろ一年の締めくくりに向けてラストスパートを迎えます。ご期待ください。



This entry was posted in HGUC_89式ベースジャバー, HGUC_ジェスタ, HGUC_ジェスタキャノン, HGUC_ベースジャバー. Bookmark the permalink. Post a comment or leave a trackback: Trackback URL.

Post a Comment

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *

*
*

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*