HGUC 量産型ズゴックをつくる。


前回の投稿でも言及しましたがやたら塗料が剥げるためABSパーツを挟み込んだりしていない箇所は塗り直す事にしました。


シンナー風呂に浸け込んで一から出直しです。


なんで今回塗料がベリベリ剥げたのか全く原因がわからないのです。


でサフ吹き。


通常通りしっかり食いついているように思えます。


で本体塗装一段目。


塗り分けたかったのでマスク。
これが何気にめんどくさかったです。


塗り分けました。


前回はこのマスクを剥がす際に塗料がベリベリサフごと持ってかれてしまいましたが今回はそんなことなく通常通り塗り分けできました。


蛇腹の塗り分けをしようと思ったら同様に剥がれて発狂しそうになったので先ほどのパーツと一緒にシンナー風呂に直行させました。


一旦整形色に戻しました。


塗装剥げトラブルなく塗り分けできました。


逆に胴体はABSパーツなどを挟み込んでいるため、シンナー風呂戦法を使えずやすりがけできるところはやすって、それ以外の箇所は騙し騙しマスク。


少し剥げた箇所もありましたが可動に絡む場所でもないので面相筆でリタッチ。ということで今回は以上です。本当は昨日投稿したかったのですが力及ばず本日投稿となりました。予定を大幅に押してしまっているので今日は複数件投稿予定です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください