KINETIC 1/48
RQ-4 グローバルホークをつくる。


先日完成させた KINETIC 1/48 MQ-9 リーパーに続き今月もドローンを作ります。

MQ-9 同様 香港キネティック社 1/48 スケールでグローバルホークを選びました。

MQ-9 の方は映画やドラマ等にもしばしば登場していますが、グローバルホークは私の知る限り見た事ないですね。しかし新聞報道等ではここ数年頻繁に登場する機体で飛行機に興味がない方でも耳にされた方は多いかと思います。

余談ですが、昨晩Amazonプライムビデオでテレビドラマ版「ボーダーライン」の第一話を途中まで視聴したのですが、 MQ-9 が出てきてプラモで作ったばかりの機体が劇中に登場するとやはり嬉しいですね。


箱には長さ302mm、翼幅829mm、パーツ数59+とあります。。。。???

ちょっと目を疑ってしまう数字ですね。
パーツ数僅か60弱で幅80cm超え???しかも実売価格税込3000円弱ですよ?でかさとパーツ数の少なさと価格のパラメーターMAX全開ですよ(笑)デカくて安くてすぐ形になるプラモを探している方は今すぐ買うしかないですよwww


さっき開封しました。
ぱっと見お馴染みのクオリティ。 キネティック のプラモはこれと先日作った MQ-9 しか知りませんが、中身はスカンクモデルなので組立説明書も似たような感じです。


如何にも海外の安物コピー用紙といったゴワゴワした紙にモノクロ印刷したものを中綴じ。


但し図面は大変見易いです。
組立説明書に必要な要素は何か思い知らされます。

高級紙を使うかとか何色刷りかなんてものは二次的要素に過ぎず、以下に円滑に組み立てさせるかは簡潔な図、整理された情報、判読出来る文字、折り目を跨がないコンテンツという事です。


水転写デカール。


マーキングは自衛隊、米国空軍とちょっと珍しい韓国空軍の3種類から選択出来ます。


そして安心のカルトグラフ製。
これだけで製作前の心配事がひとつクリア出来た気がします。シード権獲得状態でトーナメントに臨むような気分です。それくらい私はカルトグラフを信頼しています。


そして今回は水転写デカールがなんと二枚入っていました。
かなり豪華です。安心して失敗出来ます(笑)という考え方も出来ますし、私はしっかり温存して他のキット製作時に活用させていただこうと思います。


さて、いよいよパーツの方ご開帳といきましょうか。
ぱっと見普通に見えますが…


とんでもないデカさです。
主翼片側だけでこの巨大さ。しかも先端部分は別パーツ化されていますのでカットされた状態で余裕で30cmオーバー。。。


1/48 リーパーも大概デカい(翼幅約42cm)ななんて製作中圧倒されていましたが、その倍近い巨大さ。なんちゅうキットや。。。


リーパーの時は組立説明書と実際のパーツ番号が出鱈目でしたが今回もやや怪しいものがあります(笑)


わざわざ番号の刻印削ってるようなパーツさえありますからwwwひでえ。

但しですね、パーツ数は非常に少ないですし、そのひとつひとつも特徴的な形状をしているのでパーツを探して迷子になるような事はありません。組立説明書の図を見ながら組めば問題なく形になります。とても組み易いです。


車輪周りもリーパー同様細かく分割されていますがモナカ割なので結局挟み込んで接着&合わせ目消ししてから塗装する必要があります。

一見無駄な構造が採用されているように見えますが、別パーツ故に完成後の立体感はしっかりしています。


組める範囲で組んでみました。
あっという間に形になります。30分かかりませんでした。


まぁ兎に角デカいんですよ。
先日作った 1/72 ドラケンと並べてみるとこんな感じです。


余裕の80cmオーバー。


1/72 とは言え大変巨大なハセガワブラックバードの全長の倍近い翼幅があります。


散々デカいデカいと褒めちぎったリーパーでさえこの有様。

リーパーもかなりお得感のあるキットですが、グローバルホークも同価格帯なので途方もないお買い得感があります。

胴体がぶっとくて仮組みを終えた時の達成感は魚を釣り上げた時の気分に似ています。


平均的な 1/48 戦闘機キットの箱や HGガンプラの箱と比べたらかなり心配になる程薄い箱に慎ましく収納されているパーツを三十分ほど組み立てるだけで途轍もなく巨大な異形偵察機の姿が顕れます。


あの HGUCネオジオングのプロペラントタンクをふたつ並べても尺が届きませんからね(笑)

仮組みして抱いた感想は「なんだこのバカでかいプラモは!」に尽きますwww

パーツ数は少ないは価格は安いは、ドローンなんでコックピット作らんで良いわ、偵察機なんで面倒なウェポン類の製作・塗装・懸架作業が一切ありません。

パーツ精度も高いですので面倒な擦り合わせ作業も不要です。
ですから「たまにはスケールモデルでもやってみようか」というような方に大変オススメ出来るプラモデルです。

何百体もプラモを作ってきた私ですが「安くてパーツ少なくてデカくてカッコ良いプラモが欲しい」という方には迷わずオススメ出来ます。もう言う事ないですよ。ある意味最高のお祭りキットだと思います。

私みたいな異形メカ好きなモデラーは勿論、不祥事にせよ活躍にせよ新聞報道等で話題に上がる機体に興味が湧くタイプのモデラーにも勿論訴求しますので今回の再販を機に是非ともトライされてみてはいかがでしょうか。という事で今回は以上です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください