KINETIC 1/48
RQ-4 グローバルホークをつくる。


現在複数のキットの塗装をしており、比較的順調に進捗しているのですが、複数キットを横断して並列的に作業しているが故に今年当ブログ採用した「1記事1キット」の原則で投稿するには写真の数が確保出来なかったため、グローバルホークの進捗記事でも投稿してみようかと思います。

以前投稿しました通り翼幅80cmオーバーというとんでもない巨体なので速めに完成させてその雄姿を活かして壁にでもかけて飾ろうかと思います(笑)


まず別パーツ化されている主翼先端部分と尾翼の作業を行います。


主翼先端は接着だけだと些か強度不足な気がしますので0.5mm真鍮線で軸打ちしておきました。


ジャストフィット!


片方は一発で穴の位置があいましたが、私は目分量で位置合わせしていますのでもう片方の位置合わせは結構苦労しました。


尾翼基部には目立つパーティングラインがありますのでしっかり処理しておきましょう。

赤い線がパーティングラインの位置です。消し易い位置にあります。


尾翼基部下面にはかなり目立つヒケがあります。


片側2箇所ずつ計4箇所ありますのでタミヤパテで埋めておきます。


先月完成させた同社 1/48 MQ-9 リーパー同様、グローバルホークも足回りがやたらと気合が入ったパーツ分割がされています。

オモリがどれくらい必要か等、ここから先の工程は脚部が形になっていないと先に進めないのでなるだけ早目に着手しておこうと思います。タイヤがモナカ合わせになりますので出来ればこの記事を投稿し終えたらすぐにでもやっておきたいところです。


翼幅82cmともなると、1m近い長さがあるため兎に角巨大です。

私の撮影ブースは HGUC ネオジオングを撮影するためにかなり大きめに自作しましたが、まさか横方向でネオジオングの全高86cmに匹敵するキットを作る日が来るとは思いもしませんでした(笑)という事で今回は以上です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください