フレームアームズ
レヴァナント・アイ
完成報告

フレームアームズ レヴァナントアイ 完成しました!

組み替えて色々な形態や武装を楽しむ事が出来ます。

まるで私のためにデザインされたかのような個人的にどストライクなデザイン。

納得いくカラーリングに辿り着くまでぱち組み放置して買ってから数年が経ちましたがこの度完成致しました。

配色はサフを吹いた後も相当悩んだのですが、最終的にこのような感じに。

ぱち組み状態の濃緑色とブラウンのツートンも色の配置が独特でかなり影響を受けてしまいそうだったのですが色のポジションだけ継承してカラーリングは全く別物にしてみました。

個人的にはこの面構えに一目惚れして買ってみたんですがね。

胸部の丸モールドには貼り付けガラスを埋め込み。顔の長方形センサー?部分にはラピーテープを貼り付け。

股間に限らずあちこちに3mm丸穴があるので魂STAGE 等に取り付けるのも容易ですし武器類を俺設定であれこれてんこ盛りしても楽しそうです。

可動は猛烈に優秀です。

車輪が埋め込まれた足は前後に長いため接地も安定しています。車輪はちゃんと転がりますが渋めのテンションなので車輪由来でコロリする事もありません。

背中のバインダーはフレキシブルに可動したり差し替えで前後入れ替えたりお好みで楽しめます。この辺はフレームアームズならでは自由度があります。

RGガンダムと大きさ比較。

バインダーも工夫次第で色々な状態を楽しめます。 膝のセンサー?部分の丸モールドに2.5mm径貼り付けガラスを埋め込み。胸部は3mm径です。

頭部と手首を差し替えて人間風のシルエットに変更する事が出来ます。

私はレドーム頭の異形モードが好みで本来こちらのパーツは作らない予定だったのですがこれはこれでかなりカッコ良くて完成後見直しました。イケてます。

レドーム頭は首の基部毎取り外しジョイントを1つ間引いて取り付けてみました。勿論間引かずに取り付ける事も出来ます。

P90みたいな突撃銃が付属します。先日作ったアドバンスドヘイズルの銃もそうですが、

この手のデザインは干渉しないし見た目もカッコ良いし総じて軽量だし良い事ずくめです。ロボットプラモは皆この手の銃にして欲しいくらいです(笑) 頭部。
一見全面バイザーのっぺら坊なジェノアス顔に見えますがよく見ると前歯みたいなモールドが掘られていて骸骨フェイスなんです。

しかもクリアーブラック整形でうっすらと中身が見えます。この辺は絶妙な質感なので是非現物でお確かめください。凝っています。

可動も干渉するものが無いため優秀です。

後頭部にもセンサーがあるので2mm径の貼り付けガラスを装着。これを前に持ってきてもレーザーウェーブみたいでカッコ良いです。

バイザーは展開します!

ウォーズマンの素顔ばりにショッキングな顔しています(笑)私的にこれはイケメンです。

付属のオプションパーツを取り付けてロングバレル化する事も出来ます!

可動も優秀なので狙撃ポーズもらくらく。

これは満足度高いです。

片手保持も余裕。

弾倉パーツを銃の上に取り付け。

更にごつい弾倉パーツもあります。

ケーブルとタンクを取り付けて更にど偉い武器に!

タンクは3mm棒接続なのでお好きな場所にマウント可能です。

お尻にマウントしてもカッコ良いです。

勿論左手でも持てます。

銃をマウントするパーツも付属。
この写真ではレドーム頭を首パーツ基部ごと背中に取り付けました。どうやらこちらの方が安定します。

これまた3mm丸棒接続なのでお好みの場所にて。

よりコンパクトに接続出来る棒接続パーツも付属しており太もも等に装着させる際嵩張りません。

ハンドリングし易くデザインが素晴らしいだけでなく豊富なオプションパーツも魅力です。

手首は穴の空いていない完全な握り拳、武器持ち手、平手全て左右分付属!これこれこれなんだよと言いたくなる構成です。

箱。
フレームアームズというのはちょくちょくキットの構成を改善させていくみたいで私が使用したキットはこのような箱でした。

おそらくREになるひとつ前のバージョンなのかと思いますがすでにそつないどころか完璧に近い内容で日頃ガンプラ(ガンプラはガンプラで色々事情があるとは思いますが)等で感じていたある種のフラストレーション、パーツ分割、手首のチープさ、エッジのダルさ、関節構造に関する悩みが悉く解消されていてスカッとします。

これで今回の三連発モデリングは全部揃いました。
支離滅裂で作業も特に連続性がなかったのですが作りたいものを本能の赴くままに作りました(笑)

お次の三連発モデリングはこちら。 モンキッズのHe177と、

そしてハセガワ 1/72 オスプレイ、

ガンプラからはこちら!

昨年か一昨年の再販時にヨドバシで購入したのですが兎に角安い!

定価の時点でかなり安いです(笑)
安いですが造形そのものはかなりシャープかつスタイリッシュでこの時代のガンプラ、特に非MSのガンプラは出来の良いものが多いです。

本体及び付属品一式。

という事でコトブキヤ フレームアームズ レヴァナントアイ 完成報告でした。

ロボットプラモを作っている時に感じる「ここはこうあって欲しいよな〜」と思いがちな箇所はほぼ全てクリアされていてまさに痒い所に手が届くキットに仕上がっております。

このあたりは以前製作した輝鎚同様、プラモ化されるべくデザインされたというフレームアームズの出自ならではの強みかと思います。可動・プレイバリュー・デザイン三拍子揃ったカッコ良いロボットプラモを作りたい方、たまにはガンプラ以外のロボットプラモを作って見たい方に大変オススメ出来る名キットで御座います。週末のお供に是非。

This entry was posted in コトブキヤ_フレームアームズ_レヴァナント・アイ and tagged , , . Bookmark the permalink. Post a comment or leave a trackback: Trackback URL.

Post a Comment

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *

*
*

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*