MAX FACTORY マックスファクトリー
1/72 アイアンフット F4X
ヘイスティをつくる。

MAX FACTORY 1/72 アイアンフット F4X ヘイスティデカール貼りまで終わりました。

3年前作った時地味に苦労したラインデカール貼り対策として今回は塗装で表現する事にしました。

上腕や太ももはテーパーや角、曲面が絡むので予めストライプに使いたい色を塗装してその後1mmスライスしたマスキングテープを貼ってマスクしておきます。 それ以外の箇所はサフ(オキサイドレッド)を吹いた後それぞれの本体色を塗装し終えてからマスキングテープを剥がせばストライプのの色分けが完了するという算段です。

パイロットやコクピットも塗装し終えました。 完成後殆ど見えなくなりますがしっかり塗り分け。

コンソールはキット付属の水転写デカール。しっかり数日乾燥させた後トップコートを吹いて定着させています。

基本塗装後一旦組み立ててみました。

墨入れもあらかた完了しております。

私にとってコンバットアーマーといえば派手なウェザリングやダメージ表現をガシガシ入れたくなるのですがたまにはこういうロールアウト仕立てな感じも良いものです。

いざこの状態で組んでみると汚すのがためらわれてきて今回はちょっと汚す程度にとどめておこうかとちょっと悩んでいます。

フロントアーマーの可動化と膝間接の可動範囲拡大を行っているので立膝等余裕で決まります。

ひと手間ふた手間かかる作業ですがシルエットを変えずにここまで可動するようになりますのでやる価値はあります。

付属の水転写デカールはMAX FACTORYお馴染みの薄くて柔らかい素材で取り扱い注意ですがマークセッターで馴染ませながら貼れば凹凸の激しい場所にも綺麗に定着します。

初めてMAX FACTORYのプラモを作った際、このデカールの感触に驚きましたが現在はすっかり慣れてしまいました。薄くて発色も良いので非常に優秀です。

デカールを貼ると一気に情報量がアップします。

キット付属の水転写デカールがメインですが要所要所にHIQパーツのコーションデカール等も追加してみました。

クリアパーツも塗装済みです。

先述の通り後は光沢コート → ウェザリング → マットコートでクリアパーツ付けて完成という段取りですがウェザリング・フィルタリングってデカール貼り同様、結構模型的体力を消費するので完成までもう少し時間がかかりそうです。

Heller 1/72 モラーヌ225も完成間近なのでもしかしたらこちらの完成報告が先になるかも知れません。という事で今後ともご高覧のほど何卒宜しくお願い申し上げます。

This entry was posted in MAX FACTORY_1/72_IRONFOOT_HASTY, MAX FACTORY_1/72_ヘイスティ, MAX_1/72_ヘイスティ. Bookmark the permalink. Post a comment or leave a trackback: Trackback URL.

Post a Comment

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *

*
*

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*