MENG MODEL モンキッズ
ハインケル He 177 グライフ爆撃機
製作開始報告と
MG キュベレイダムド到着報告。

引越・移転祝いに沢山プラモをいただいたのですが、忙しさにかまけてボールハロ以外全く手をつけていなかったのですがようやく時間を作ることが出来ました。モンキッズのSD爆撃機をやります。

パーツ数は少なめに抑えてあるのですがかといってしょぼいわけでもなく成型色レベルでの色分けがしっかりされていて寧ろ優秀です。あとこのキットは合わせ目消しの必要がありません。そして接着剤不要のスナップフィットです。超優秀です。

そして驚いたのがキャノピー関連のパーツ分割。窓枠は通常の成型品でガラス部分がクリアパーツ。これはリアル頭身のスケモだとまず見られない表現なので頭のデカいSDアレンジならではの優位性を活かしたパーツ分割だと思います。

その他要所要所にクリアパーツが配置されており質感高いです。

機体下部は黒成型。無塗装や部分塗装でもかなり雰囲気が出せると思います。

組み立て説明書。
雰囲気は同社が展開している WORLD WAR TOONSのSD戦車群と雰囲気が近いです。

カラー印刷でデザインも丁寧です。

非常にわかり易い内容となっております。

今回日本語表記は一切ありませんがわかり易いカラーイラスト主導なので問題なく組み進めていけます。

部分塗装される方はモットリングだけ塗れば良い内容となっております。無塗装ボディにラッカー系やエナメル系塗料で部分塗装するメリットは何度でもやり直しが出来る点ですね。

ひと昔、ふた昔の中華系キットというと、箱のデザインがびっくりするくらいダサかったり、組立説明書は嘘だらけだったりしたもんですがMENG MODELを見るたびにそれは昔の話だと思い知らされています。

箱絵もキットも説明書も洒落たデザインと見易い内容でライトユーザーにもバッチリ訴求します。

組み上がりました!

組み立てる様子をビデオカメラで撮影したので自ずと所要時間が表示されるのですが約18分で組み終わりました。

全塗装するためにスナップフィットのピンのテンションを敢えて弱める作業をしながらでこの時間ですので非常に組み易いキットだと言えます。

パーツ精度も高く組みにくい場所のありません。いつもの素晴らしいMENG MODELのプラモです。

何度も書きますが接着剤不要です。

ポロリし易い場所もありませんでした。

寧ろテンション強めで前脚部分は私好みにスカスカになるくらいまで削りました。塗装してから接着すれば良いので。

モールドもシャープです。

私の場合サフを吹いた上から塗装するので念のためBMCタガネで掘りなしますがハセガワやファインモールドの消え入りそうなモールドと比べるとかなりパキッとしたシャープさがあります。

非常にモデラーフレンドリーな内容となっておりますので、何か大事な作業をすっ飛ばす必要も無いままサクッと完成させる事が出来そうです。

話は変わって先ほどこれが届きました!

なんなんだこのデザインは(笑)

デザインに一目惚れして即予約したキュベレイダムド ですがどういう位置付けのMSなのか全く知りませんwww

私はふたつ注文しましたのでひとつは設定に比較的準拠したカラーリングで作って、もうひとつは何か面白い配色で楽しめないかあれこれ思案中です。ということでご期待ください。

This entry was posted in MENG_MENGKIDS_He177Bomber, MG_キュベレイダムド. Bookmark the permalink. Post a comment or leave a trackback: Trackback URL.

Post a Comment

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *

*
*

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*