MG ボール
シャークマウス仕様をつくる。


塗装がそろそろ終わりそうです。


主砲の尻にある排熱フィン?みたいな箇所はしっかり貫通しているので内部にディテールを仕込んでやると完成後見栄えがしそうです。


内部フレームは3種類のメタリックカラーを駆使して塗り分けましたが、その甲斐なく一色に見えます。


黒サフの上にガイアのガンメタ、同じくガイアのフレームメタリック2、そしてクレオスのメタルブラックを使い分けたのですがね、まぁいたずらに色がとっ散らかるよりかは良かったのかも知れませんが。


機体後部と下部に取り付ける事になるバーニアも内部を塗り分け。


このパーツは赤にしました。
MGボールは三回目の制作ですが、全て赤く塗っています。


取り付けるとこんな感じになります。


メタリックな内部フレームを赤いトラスが包み込む形になりますので視覚的なインパクトが増します。


外装を被せてみました。


当初スプリンター迷彩にするつもりだったのですが、途中で気が変わりランダムなギザギザ模様にしてみました。


余剰で入っていたVer.Ka版のパーツを好みで取り付けています。


最終的にシャークマウスデカールを貼り付けますので


かなりイキった感じのチンピラボールが出来上がるのではないかと期待しています。


私個人の好みでVer.Ka版のパーツを使用してシャークマウスデカールを貼るつもりですが、形状的に貼り付けるのが無理そうだった時に備えて、本来使う筈のチンガードも塗装しておきました。


主砲が背景に馴染み過ぎて写真写りがイマイチになるかも知れないと思いこの段階でハイミロンの前で撮ってみました。案の定背景に結構溶け込みますね…


と思ったのですが、角度次第ではメリハリのある写真が撮れましたのでこのままで行こうと思います。


主砲が薄い軽い色だとメカ的にカッコ良さが減退してしまいそうな気がしていたので発色も撮影も両立出来そうで良かったです。


塗装漏れなどが無いか後ほど確認し、その後一旦バラしてスミ入れを行い、そこからいよいよお楽しみの水転写デカール貼りとなります。


という事で今回は以上です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください