MG ボール
シャークマウス仕様をつくる。


いよいよシャークマウスデカールを貼っていきます。
私に貼れるでしょうか。


よく見ると独特な形状で分割されています。
このおかげで完成後も外装を外して楽しめるという事なのでしょう。


制作開始時点から申し上げておりますが、今回組立説明書通りには組まず同梱されていた余剰扱いのVer.Kaパーツを組み込んでいます。


何とか貼り付けていっています。


私の技量ではどうしても隙間ができましたし図形の合わせにも失敗しましたが取り敢えず破いたりロストする事なく貼れたのでこれで良しとしたいと思います。


これも当初から書いてきましたが、Ver.Kaパーツを取り付ける事と、私の好みの問題で目玉部分のデカールは貼らない事にしました。

この事でコックピットの円窓が一つ目のようになって不気味さとカッコ良さが増すのではないかと期待したわけです。

目玉デカール自体は捨てずに後日ガチャーネン等に使わせてもらおうと思います。


スミ入れをし忘れていましたのでデカールを貼ってから慌てて流しました。良くない段取りです。

また外装系のパーツは高精度のスナップフィットで嵌合しておりますので、エナメル塗料でスミ入れする場合は必ずバラしてから流しましょう。

毛細管現象でパーツが砕ける可能性がありますのでエナメル塗料が乾燥するのを待ってから組立てます。


シャークマウス以外の水転写デカールは付属しませんので手持ちのプレバン専売ガンダムデカールDXやHIQパーツ社のコーションマーク等を貼り付けました。


心配していちた顎の部分も何とかはりました。
Ver.Kaのパーツを使用しましたのではみ出た箇所は乾燥後カットしておきます。


シワが気になりますが乾燥後デザインナイフなどで切り込んで空気を逃すなどして極力目立たないようにしたいものです。


という事で今回は以上です。
完成がかなり近づいてきました。
並行して作っている他のキット群も着々と仕上がりつつありますのでそれぞれ段取り良く完成させていきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください