MG ドム
完成報告。


MG ドム完成しました。


1999年発売のキットとは思えぬ程完成度の高いプラモデルでして今の目で見ても十分に通用するどころか余裕でスタメン張れるレベルのスーパーキットです。


今ちょっと仕事でバタバタしているので文章は後ほど追記します!ということで無言ですが写真は多めですので楽しんでいってくださいませ〜


昨晩完成したのですが昨日はジムの日だったそうでジムの日にドムを作るとは如何にも当ブログらしいところです(笑)


今回は塗装にかなり拘りました。


黒い部分なんかもブラックをそのまま塗るのではなく限りなく黒い赤茶色を作って深みのある色合いを目指しました。


紫の部分はまず青みの強い紫を作った後、それを吹いた後にエッジ部分からGXクリアーパープルを吹いて赤みを追加しつつ立体感も出していきました。


胸にある目くらましビームは今回キットのまま作らず。


最期までギリギリ悩んだのですが結局キット付属のクリアパーツは使わず(クリアーイエローで塗装までしましたが)ガラスパーツを取り付けることに。


おかげで目くらましどころかめっちゃ殺傷力ありそうな感じになりました(笑)


思いの外リアルタイプドムのデカールがピッタリはまりました。


面の広いMSなのでグラデーションを掛けながら立体感や重量感を出し単調にならないよう仕上げました。


ヒート剣のマウントラッチは開閉式!


特にピン等で固定するわけではないのですがMGドムの可動指は本当に優秀で有無を言わさぬ保持力でしっかりホールド。


ジャイアントバズ。
ドムと言えばやっぱりこれですよね!


センサー類はガラスパーツに変更していますのでギラギラ光をよく反射します。


可動指が本当に優秀でシュツルム・ファウスト二本持ちなんかも余裕です。


この手首は単品販売する価値があると私は思います。


先日作ったマックスファクトリーのコーチマに付属していた手首も非常に出来が良くあれも単品販売されたら良いのにな、なんて思います。


ガンプラ界隈はキットもツールも非常に充実していますが手首だけは可動/固定問わず決定打に欠ける気がします。特定のキットにたまに名作が入っている感じです。あとエモーションマニピュレーターも単品販売が望まれますよね〜今挙げた三種類の手首はどれもかなり売れそうな気がするんですけどね。


シュツルムファウストは腰部側面にアタッチメントを取り付け可能です。


しかしこれを取り付ける際は一度サイドアーマーのカバーを取り外さねばならないため破損リスクを考えるとあまり触りたくない部分でもあります。


何度か着脱してみましたが一応丈夫です。ただキットの構造を理解した上で真っ直ぐ着脱する必要があるかと思います。念のため撮影の時以外にここを着脱することはもう無いと思います。


マシンガンのマガジンも同じ要領で装着出来ます。


MMP-80?だったですかね。
0083でドムトローペンが使用していたマシンガンです。これも本来は腰部側面に取り付け出来るのですが破損リスクを回避するため私はオミットしました。


そして何故かラケーテンバズが付属します!


これは素直に嬉しいですね〜


ラケーテンとMMP-80のランナーを流用してRE1/100でドムトローペン出してくれたら言うことなしです。


1/100グシオンと。大きさ比較。
MGドムさすが風格と存在感があります。感心したのは関節の保持力でMGドムはABSもKPSも使われておらずPSとポリキャップのみで関節を構成するのですがこれがもうしっかりとした保持力で安心感がかなりあります。


逆に1/100鉄血キットはパチ組みの時点で関節がフニャフニャな事が多いので調整必須です。個体差もあるとは思いますが私が今まで作った1/100鉄血キットは全て調整していますので全般的にユルいです。特に股関節がユル過ぎることが多いので軸を太らせたりしています。


逆にHGのグシオンは完璧ですね。KPSはこのくらいのサイズのガンプラに向いている気がします。可動範囲も1/100より遥かに広かったりします。鉄血HGは出来が頗る良いです。


本編が終わってしまいましたがリベイクも含めて積んでる鉄血キットがまだまだあるので今後もコンスタントに完成させていきたいと思います。


付属品一式。
パイロットフィギュアは今回モノクロです。1/100スケールの立ちフィギュアは市販バーニアを台座替わりにして自立性を高めました。


ということでMGドム完成報告でした!
発売が1999年、旧世紀のガンプラですが造型、色分け、プロポーション、組み易さ、堅牢さ等は最近のガンプラに負けない、否ある意味凌駕している部分さえあるまさにオーパーツ的存在のキットです。Ver.2.0がいつまで経っても出ませんがそれも納得ですね。これを超えるのは容易ではないと思います。

数年前バンダイが傑作MG的なアンケートを募集した事があったのですが私は迷わずこのキットを推しました。同じことを考えていた方も多いようで結果ベストテン内で唯一の非ガンダムタイプMSのランクインとなっていましたね。武器と成形色のみリデコとなったMGリックドムも同様に素晴らしい出来です。

今年の1月に再販が掛かりましたので店頭で目にする機会もあるかと思います。もしまだ未組立の方がいらっしゃいましたら「お店でみつけたら取り敢えず買っておいて損はありません」と胸を張ってオススメ出来るナイスキットです。

MGドム/リックドム、ボールVer.Ka、リックディアス辺りは不滅の名作です。もしお店で見つけられた場合は休日のお供に是非。

2 thoughts to “MG ドム
完成報告。”

  1. 何時も楽しく拝見させていただいております。
    青みがかったドムというのも良いものですね。
    特に今回はグラデーション塗装で大きな構成面をシンプルながら間延びしないように纏めておられるのが素晴らしいと思います。
    (メッサーラを製作されていた頃のBMCタガネ無双も大好きですがね。)
    個人的には今後のボトムズシリーズの作例に期待しております。
    お仕事とプラモ制作の両立は中々大変だとは思いますが、これからも素敵な作品を御願い致します。

    1. 有難う御座います!

      MGドムのパッケージ等に載っている完成見本が結構青みがかった配色でカッコ良かったため真似してみました。
      最終的に赤味のある色でグラデーションを掛けて少し調整しましたが(笑)

      当ブログではBMCタガネはここぞという場面での出番に最近落ち着いていますがまた大々的にやってみたいと思います。ボトムズ関連キットも近日完成予定ですので今後とも何卒宜しくお願い申し上げます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください