MG ガンダムVer.3.0
G3ガンダムとして完成の巻。

000a
今回は密かに制作していたMGガンダムVer.3.0の完成報告です。
G3ガンダムとして制作。付属のコアファイターはランディングギアを除いて完全変形という仕様ではありますがウイング廻り等が非常に繊細なため破損リスクを回避するため当ブログでは固定としました。

000b
今回は個人的に満足度が高過ぎて言葉少なめです。写真で語ってみたいと思います(笑)手前味噌ですがなかんか面白い仕上りになったと思います。

001
G3として制作したといっても如何にもなG3カラーではなくサンダーボルト版FAガンダムなどの配色もちょっと意識してダークで強面な仕上りを目指しました。エッジも立て気味に、塗膜は出来るだけ薄めにしてシャープさを上げています。

002
今回は私のガンプラ人生で最も多くの調色を行ないました。かなりムキになって塗ってはやり直しを繰り返しました。ちなみに色数が多過ぎてカラーレシピは記録出来ませんでした(笑)いつも通りガイアノーツがメインです。

003

004

005
ぱち組みとの比較。
かなり印象が変わります。

006

007

008

009

010
今回もLEDユニットを装着。

011

012

013

014

015

016

017
エモーションマニピュレーターは単品売りして欲しいくらいお気に入りです。武器の保持力も高いですし表現力も抜群です。繊細だけど結構頑丈なところもまた素晴らしいです。

018

019

020

021

022

023

024

025

026

027

028

029

030

031

032

033

034

035

036

037

038

039

040

041

042

043

044

045
今回制作にあたって意識したのは「ジオン兵目線から見て恐ろしく見える」仕上りでしてとにかく強そうなG3を目指しました。

046

046b

047

048

049

050
ビームサーベル派は根元部分をクリアーイエローの上にガイアの偏光プリズムブルーグリーンを吹いて先端にいくに従ってクリアーレッドのグラデーションとしています。

051

052

053

054

055

056

057

058

059

060

061

061b

062

063

064

065

066

067

068

069

070

071

072

073
付属品一式。

075

076
ということでG3ガンダムとして作ってMGガンダムVer.3.0でした。
非常に細やかなパーツ分割とスタイリッシュなシルエットが魅力です。今回G3として仕上げましたがノーマルカラーはもちろん往年のリアルタイプカラーを再現したりしても面白そうです。

次回は久し振りにガンプラ以外のプラモデルでビークルモデルのスターデストロイヤーか1/35スケールのメカトロウィーゴの完成報告をしたいと思います。ご期待ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください