ピットロード
日本海軍 九六式25mm三連装機銃
完成報告。

ピットロード 1/35 日本海軍 九六式25mm三連装機銃完成しました。

昨年の発売前に予約して大晦日頃に届いたのですが結構手こずって今月完成と相成りました。

なんだかんだで今月7体目の完成報告となりました。今月は昨年並みのハイペースです。

非常にコンパクトなキットですがパーツが異常(褒め言葉)なまでに多く大きさを錯覚してしまいます。

実物は手のひらサイズどころか手のひらにふたつみっつ乗せられるようなサイズです。

塗装は立体映えさせたかったのでメタリック感強めの仕上げとしています。

シルバーと黒とガンメタ系塗料を組み合わせて複数の同系色を調色後細かくグラデーション塗装しています。

こういう配色を採用すると形状がわかりにくくなってメリハリに欠けるリスクも結構高いのですがシャドウ吹きと墨入れをしっかり行う事でメリハリの効いた仕上がりにする事が出来ます。

非常に細いシャフト状のパーツがふたつあるのですが私は念のために0.5mm真鍮線に置換して強度アップを図りました。

画像を反転してみました。
これで形状がより掴み易くなります。

キット自体は非常に良いものなのですが組立説明書が兎に角分かり難く、完成が遅れたのはほとんどこれのせいと言っても過言ではありません(笑)

昨年作った二十八糎榴弾砲の時も思ったのですがピットロードは組立説明書で損してますね。キット自体はとても完成度が高いの分尚更勿体無いですね。

付録の資料等もボリュームがありその手のコンテンツも一緒に楽しみたいという方にはかなりお得なキットだと思います。

実物は非常にコンパクト。
大人のでスクトップオブジェ的な魅力があります。

本体および付属品一式。

という事でピットロード 1/35 日本海軍 九六式25mm三連装機銃完成報告でした。

歳を取るとミサイルや大砲、列車砲等のプラモを作りたがるという定説がありますが私も御多分に洩れずこの手のアイテムには目がありませんwww

昨年は二十八糎榴弾砲やV-1を作り今年はトマホークにこの三連装機銃と完成させてきましたが先日タコムの重攻城用臼砲も手に入れましたし積んでいるレオポルドやV2等のキットもだいぶ貯まってきました。年内に可能な限りぶっこんでいきたいと思います。

さて、次回予告ですが今話題のあのモビルスーツのロールアウト報告となりそうです。当ブログらしいちょっとズレた仕上がりとなっております(笑)という事でご期待ください。

This entry was posted in ピットロード_1/35_日本海軍 九六式25mm三連装機銃 and tagged , , . Bookmark the permalink. Post a comment or leave a trackback: Trackback URL.

Post a Comment

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *

*
*

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*