プラッツ 1/72 MQ-1A プレデター をつくる。


久しぶりにスケモ、やってみますか。
ダブルアクションのハンドピースが壊れてからすっかりご無沙汰となっていた飛行機モデルをやってみたいと思います。

福岡市東区香椎という町にあるフリーダムホビーという模型店で購入しました。

同店は本当に素晴らしいプラモ屋で「なんで俺の欲しいプラモを知り尽くしているんだ???」と思いたくなるような模型群が陳列されています。特に飛行機模型の陣容は素晴らしいの一言につきます。

私はこのお店の存在を知ったのが先月下旬で今月は2回来店、まだ通算3回しか行っていませんが店主?の方の接客も丁寧で大変素晴らしく、店内は清潔ですが決してお洒落ぶってカッコつけてるわけではなく良い意味で「伝統的な昔ながらのプラモ屋」「俺たちがガキのころ通っていたあのプラモ屋」そのものなんですよ。もう本当に素晴らしいのひとことです。


ドローンのプラモはコックピットを作る必要もないですし復帰戦にはちょうど良いキットだと思います。

あと、好きな機体というのも大事だと思うんですよね。
当ブログでは米国の無人機を結構な数作ってきましたが、ご時世的に注目を集めるコンテンツだから作ってきたというよりも米軍ドローンの機体デザインに惹かれているというのが最大の理由です。

不気味さとカッコ良さのバランスが絶妙だと思います。


本キットはPLATZ社の「UAV」シリーズのものとなります。

飛行機好きな方や新聞読む方はご存知の通り「UAV」というのは「Unmanned Aerial Vehicle」即ち無人航空機の略ですね。

同社のキットは X-47B や RQ-4 グローバルホーク等がリリースされています。無論当ブログでは制作済みですしなんなら X-47B もう一回やろうかと目論んでいます。


水転写デカールは信頼のカルトグラフ製。


大船に乗った気持ちで安心して製作に集中出来ます。


マーキングはバリエーション豊富です。

本キットはAMG-114Cヘルファイアミサイルを2発装備した「MQ-1」となります。

期待下部の形状が「RQ-1」とは異なるそうでそのリデコキットとなります。


組立説明書は極めてシンプル。
期待出来ます。


スケモ復帰戦にふさわしいパーツ数(笑)
当ブログで何度も書いてきましたが基本的に私はこの規模のパーツ数のプラモを好みますwww

私のとってプラモはパーツ数少なければ少ないほど優秀なので。


開封から約十分であっという間に形になりました。


特に合わせ目消しは必要ありません。


プラッツの無人機キットは一通り作ってきたわけですがどれも極めて出来が良くて胸を張ってオススメ出来るものばかりです。


ほっそりした機体ですが翼幅20cmオーバー。


Wikipediaに載っている写真が非常に美しいので色味はこれを参考に敢えて白っぽく塗装しようかと思います。

キット自体シンプルなので台座などの製作に注力する余力が持てそうなのでその辺も含めてトータルで魅せる仕上がりを目指したいと思います。という事で今回は以上です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください