ドイツレベル 1/72
ホルテン Go229をつくる。


いただきもののドイツレベル 1/72 ホルテン Go229をつくっていきます。


パーツ数61、合いもが悪いという事もないのですが何故か手こずってしまいました。翼や胴体のパーツが反っていたのでその辺りはクランプ留め等する必要があります。


コクピット周りのフレームは赤にアレンジしてみました。


計器板は付属の水転写デカールによる再現。


完成後は殆ど見えないと思います笑


どういう順番で塗っていくか計画的に予定を組まないと意外に手こずります。


シャドウも兼ねて下地は黒サフにしました。


今のうちに接着出来る箇所はくっつけておきます。


まず明るめのグレーを塗りました。


インテークとエンジン部分はアクセントとしたかったので外装をあらかた塗ってから取り付けます。でその後カウル上下の合わせ目消しをやろうかと。もう少し段取り良く作れたら良かったのですが、ちょっと手こずっています。


続いて10連休企画に入ります。
まずは 1/35 ドライジーネ に取り掛かります。サイバーホビー(ドラゴン)製です。久しぶりの 1/35 AFVなのでかなり私的にはかなり巨大に感じます。


台座替わりに線路が付属するのですがこれが既に巨大で圧巻です。全長約35cm。


このキットには四体のフィギュアが付属します。


もともと別売品のドラゴンフィギュアなので非常にシャープな造形で素晴らしい出来です。


今回のドライジーネ に投入するかまだ決めかねています。ミーネンロイマーなどと絡めても良さそうです。下地塗装まで行ってから何に使うか決めるつもりです。


なんとスリングベルトのエッチングパーツまで付属します。ドライジーネ 本体とミーネンロイマーは10連休中になんとか完成させたいところです。ご期待ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください