RG MS-06F MSZ-006 ゼータガンダム
合わせ目消し等の巻。

RGゼータガンダムですが、RGにしては珍しく合わせ目がありますので消していきます。

またスミ入れ&トップコート時の溶剤がアドバンスドMSジョイントに流れ込むのを防ぐ為に強度的に心配な箇所は一旦ばらしました。

どうにも破損が怖い肩基部。白化している(;゚д゚)www
曖昧に見て見ぬ振りしていても解決しないので腹をくくってグリグリ可動させてみましたが、幸いにして丈夫でした。

とはいっても非常に心配なので我が家にあった潤滑スプレーを吹いておきました。
日頃自転車のギア等に吹いているものでガンプラに吹いて大丈夫なのか不安もありましたが見違えて可動が滑らかになりました。

股関節は非常にコンディションが良いです。

今回使用した潤滑スプレーはこちらのスリーボンド製のものとなります。
今の所問題は無く、可動も滑らかになっておりますが念のためご使用の際は自己責任でお願いいたします(笑)

あと塗装するパーツに付着すると当然ながら油膜が塗料の接着の妨げになるので一旦バラして必要な箇所にだけ吹くのが良いと思います。

ライフルに合わせ目があるのでセメント溶接し現在乾燥中であります。

シールドも。あまり目立たないので気にならない場合はやらなくても良いかもですね。

濃い色のパーツはゲート/合わせ目/ヤスリ跡共によく目立ちますので面倒ですが確実に処理していきます。ウェイブライダーの羽は合わせ目消し→挟み込み→合わせ目消しとなりますので手間がかかりますがやる価値が大きい部分ですね。

ここはゲート処理とモールド彫り直しもします。

平面が多い箇所は楽でいいですね(笑)

ギミックが多い分パーツのダボ穴等がどうしても増えるのでヒケが結構目立ちます。こうしたところはその都度平滑化していきます。

さてセメントの乾燥を待ちつつ、アンクシャのパチ組を行います。今年は今の所すべてが快調ですが油断して大ポカしないよう気をつけます(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください