2020年2月行動予定報告。


2020年2月の予定です。
まぁ所詮予定は未定なのは毎度の事ですが概ねスターティングメンバーはこのような布陣を予定しております。


まずドイツレベルの 1/48 ケイデットこれは近日中に製作開始します。レベルゲージは4とありますが私に作れるでしょうか。

当ブログで複葉機は球数少ない割に反響が良いのもあり今年も作っていきたいと思います。私自身関心がある分野なので場数を踏んでいきたいところです。


同じ理由でチェコ エデュアルド社の 1/48 ニューポールも作りたいと思います。
レトロな箱デザインですがれっきとした新製品(2019年リデコ)です(笑)


ここまできたら フォッカー Dr.I も着手したいですが現実的に時間が限られますのでこちらは来月以降かなと。これも新製品なんですよ。(正確には2008年製2019年リデコでしたすみません)このレトロ感全開の箱デザインwww70年代製と言われても信じてしまいそうになります。

そんな感じでエデュアルドのキットは箱デザインは大昔から模型店に並んでいたような佇まいが安心感があります。その反面キット自体は非常に近代的で作り易いという見せ方と中身共に完全にツボを抑えたメーカーだと思います。


KPモデル 1/72 デ・ハビランド コメットも製作確定です。
この時代の機体はあまりないので題材としてはまあまあ面白いのではないでしょうかね。当ブログ初KPモデル(たしかウクライナのメーカーだったと思います)ですがどんなキットなのか楽しみです。


今月の積みプラベテランキット枠はこちら。
これもあらかたプランは固まっているのでご期待ください。
今年は映画トップガンの続編「トップガン マーヴェリック」もありますし昨年末公約に掲げた通り確信犯的にアメリカ現用機にどんどんトライしていきたいと思います。


今月の大物キット枠はこちら。
月内完成出来るでしょうかね。自分用なんで焦らずにいけるとこまでいきたいと思います。


こちらも頂き物でして AK-Interactive ウェザリングペンシルやらVallejoモデルウォッシュが揃った今こそ着手したいキットです。


これも製作確定です。二年くらい積みっぱなしにしてました。

ドイツ軍仕様ではなくチェコの鹵獲ヘッツァーにしてやろうといきまいております。

当ブログ初1/56スケール、当ブログ初ルビコンモデルと初めてづくしですがサクッと仕上げてみたいと思います。

お手軽に片付けようと思った時に限って予想外のトラブルにぶつかり手こずるなんてのはプラモあるあるなので存外苦戦するのかも知れません。


あと今年も35ガチャーネン作り続けますのでご期待ください。もう何体つくったか自分でもわからなくなりましたよ(笑)

これとオリジンザクリデコ群と HGUCザクF2は記録を辿らないと正確な生産機数がわからないくらい数こなしてきました。


あとそろそろだんごむしでも遊んでみたいところです。昨年の誕生日プレゼントとしていただきました。

これも製作プラン自体は脳内で完成しているので後は手を動かすのみなんですがなかなか時間が作れず今月着手できるか微妙ですね。


同様にこちらも作りたいところですが早くて来月ですかね。こちらもありがたい事に頂き物です。ヴィネット形式で仕上げたいと考えております。


積みからあれこれピックアップしてきたんですが、こちらも3月以降ですかね。これもいただきものなんです。確か中身は97年イタレリのキットのデカール替え商品だった筈です。

いただいてからだいぶ日が経っており早く作りたいという気持ちが先走りますが、まずは現在制作中のタミヤ 1/35 ヘッツァーをしっかり完成させてから次の 1/35 AFVキットをどれにするか決めようと思います。

1/32 Me262 ナイトファイターやムーンバスや 1/48 ホルテン Ho229なんかもそうなんですが流通量少な目だったり高額なキットをいただくとついつい失敗を恐れて積みっぱなしになりがちです。今年は失敗を恐れずに攻めていきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください