ガンダムベース専売
SD 三国創傑伝
張遼サザビーをつくる。


SD 三国創傑伝 張遼サザビー 塗装開始しました。案の定マスキング地獄ですが。


合わせ目消しやエッジ出し、モールドの彫り直しが終わったところで黒サフを吹きました。


EXシルバーを吹きました。


塗り分け箇所をマスク。


赤くしたい箇所にクリアーレッドを吹き付けてからマスキングテープを剥がしました。

乾燥後銀色の部分以外マスクした後クリアーブルーを吹きます。


冠?部分は複雑な配色にしたかったので黒サフを吹いてその色を残したい箇所をマスクしてみました。


そしてEXシルバーを吹いた上にクリアーレッド。


他の部分も同様の手順です。
これは頭部です。鶏冠部分にクリアーブルー塗装したかったのでEXシルバー塗装後マスクしました。


クリアーレッドを塗装後、金色に塗りたい箇所を露出させてマスク。


ここからいきなり金塗装するのではなくまた黒サフから立ち上げていきます。率直に言ってめんどくさいですが発色が格段に美しくなります。


サザビーのマスク部分は一体成型なので辛抱強くマスクしいけるところまでエアブラシ、モノアイ目玉部分だけタミヤエナメルのクリア塗料を調色して筆塗り。


肩。


脛。


リアアーマー。
ここは自分好みに切り返しを多くして細かく塗り分けることにします。設定では金の面積が大きいエリアですが、メタリックレッドを強調して美しく仕上げるつもりです。


胸部。


脚部。
やる前からわかっていた事ではあったんですがやっぱりマスキングがいちいちしんどいですね(笑) もっと言うと一回のマスクだけでは塗り切れないので何度か部位を変えてマスクし直す作業も結構根気が要ります。

定期的に SD キットに手を出していますが取っ付きやすそうな反面、ある程度きっちり仕上げようとおもうと途端に難易度や手間が跳ね上がるので SD ネタは随分と鍛えられます。

三国創傑伝 いろいろトライしたいキットが結構あるんですが、いかんせん塗り分けが地獄なんで張遼サザビー が完成したら暫くお腹いっぱいだと思います。

現在制作中の エデュアルド 1/48 ニューポール Ni-11 、 MENG MODELの SD B-17G 、ガウ攻撃空母、ウェーブ 1/20 S.A.F.S. らと比べて 張遼サザビー が最も手こずりそうだったので先に完成させるくらいのつもりで重点的に今日まで作業してきた分悪戦苦闘しつつも完成が近づいてきました。

これとガウですかね。この二つは今週中に意地でも完成させて完成報告記事を書きたいです。という事で今回は以上です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください