ガンダムベース専売
SD 三国創傑伝
張遼サザビー 完成報告。




SDガンダム 三国創傑伝 張遼サザビー 完成しました。


塗装も大変なら撮影も大変で想定よりも時間がかかってしまいました。


正面。


ここに至るまで紆余曲折ありました。


当初はこんな感じでグロスで仕上げたんですが、


ちょっとギラギラし過ぎというか脂ギッシュな感じに見えてしまいグロス仕上げは不採用としました。


現物は結構良い感じだったんですがこうして撮影してみるとどうにもコッテリ感が強過ぎたようです。


という事で伝家の宝刀クレオスのスーパースムースクリアを吹きました。


黒背景を敷くと発色が渋くなった効果が覿面に出ます。


ただ背景と同化し過ぎて何が何だかわからない箇所も出てきますんで完成報告記事の写真としては不適切かも知れません(笑)


ただし背景がこんだけ真っ黒だと被写体が綺麗にフォーカスされ引き締まっためちゃくちゃカッコ良い写真が撮れます。


という事で背景を元に戻して本番撮影。


ご覧の通り塗装は大変ですwww


サザビーらしさが多分に残されたマスク部分も御多分に洩れず一体成型なので塗り分けました。


SDキットはめんどくさい作業のオンパレードですがひとつひとつこなせばやっぱりクオリティが大幅にアップします。


私が小学生くらいの子供の頃は SDガンダム をちょっと見下してたりしたもんですが、今はモデラーを鍛えてくれる先生だと思って SDキット を楽しむようになってきました。


個人的な体感としてSDキットを合わせ目消してゲート処理して細かく塗り分けてといった作業にかかる労力はオリジン版HGザクを2〜3体ストレート組みで塗装するまでの労力に匹敵するものがあります。

今回の 張遼サザビー を作る労力で私ならHGUCザクF2を4体完成させる事が出来たと思います(笑)それくらい SD は鍛えられますし、それくらい HGUC ザクF2や オリジン版HGザク は作り易いとも言えます。


ナイフメモリ。
三国創傑伝 では各機体毎に〇〇メモリというものが付属するようです。不勉強でちょっと詳しいことまではわかりませんがクリアー樹脂で一体成型されていました。


背中にガチャリと嵌め込みます。嵌合もキツ過ぎずユル過ぎず大変良い塩梅です。


ぱち組時にご報告しましたが本キットはフェイスパーツを取り外すギミックがあります。


念のため破損リスクを回避したいので大事を取って頭部ごと一旦取り外しました。


額の飾り物を外します。


サザビーのマスクは結構タイトにくっついているので慎重に外します。写真では顎の真ん中に爪楊枝をゆっくり差し込んでテコの原理で取り外そうとしていますが、もう少し頬よりに爪楊枝を慎重に差し込んだ方が塗膜にダメージを与えにくいと思います。当然ながらこの時爪楊枝の先端はサザビーマスクの裏側を狙います。それによって塗膜が守られます。


サザビーマスクを取り外しました。


下にはガンダムフェイスが隠されています。


額の飾り物を再度取り付けます。


こんな感じになります。


今回ガンダム顔のツインアイ部分のみ付属のホイルシールを使いそれ以外の色分けは塗装です。


サザビーの顔の下にガンダムフェイスが隠れているなんてサザビーに対するとんでもない侮辱だなんて当初は思っていたもんですが、めちゃくちゃカッコ良いのでいざ作ってみるとすんなり納得してしまいました。


あと拡張パーツのようなものも付属していますので他のキットとミキシングして遊んだりする方はこれを使う事で色々組み換え遊び出来るようです。これも塗装しました。


3mm丸穴と3mm丸棒が生えているので色々応用が効きそうです。


本体および付属品一式。


という事で SD 三国創傑伝 張遼サザビー 完成報告でした。

今回もヤフオクに出品致しました。何卒宜しくお願い申し上げます。

主に塗装で難儀しましたが途中で投げ出さずしっかり完成させる事が出来て満足しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください