SDCS 陸戦型ガンダム 完成報告。

SDCS 陸戦型ガンダム完成しました。

当ブログ久しぶりのガンプラとなりました。事実上のガンプラ復帰第一弾的なキットになりました。

正面。

別売のシルエットブースターを用いて肘関節を増設しました。

キットのままだと前腕部に3mm軸が飛び出るのが気になったのでネオジム磁石を埋め込みシールド接続出来るようにする改修しました。

バックパックの一体成型されていたバーニア部分を根元からカットしてサードパーティ製のバーニアを取り付け。確かウェーブのUバーニアだったと思います。細かい部分は後述。

瞳はコンパチで瞳の有無を完成後も切り替え可能です。

瞳の無いツインアイは塗装で再現しました。
黒サフの上にEXシルバーを吹きその上からクリアーグリーンを吹きました。全てガイアノーツです。

SDながらかなり細かいパーツ分けがされており色分けレベルが極めて高いです。

股間のV字部分は腰部パーツと一体化されており赤いパーツとは別になっております。

V字部分を橙黄色で塗るだけでカラフルな仕上がりになります。

膝のスパイクまで別パーツで非常に有難い造りとなっております。

Uバーニアは内側をEXシルバーの上にクリアーレッド。

ビームライフル。
フォアグリップは可動します。

肩BJの丸穴は塞ぎました。前腕外装には3mm径ネオジム磁石を埋め込み。

シールド取り付け部分にもネオジム磁石を埋め込み。HIQパーツ3mm径のものを使用。

しっかり保持出来ます。

シールドも銃器類も左右どちらの腕にも取り付け可能です。

シルエットブースター付属の平手を使用しました。

平手パーツに豪快な肉抜き穴が空いていますのでポリパテ+瞬着で埋めました。

100mmマシンガン。

マズルブレーキ?っていうんですかね?銃口付近の丸穴をドリルで深く開口しました。

銃口には1.5mmパイプパーツを埋め込み。

180mmキャノン。

シールドは組み換えて自立させる事が出来ます。

シールドを自立式に組み替えるとこのように構える事が出来ます。

これまたシルエットブースター付属の穴の空いていない握りこぶし(左)も使用しています。

ビームサーベル持ち手(右)もシルエットブースターから使用しました。これも肉抜き穴が目立ったので平手と同様の手法で埋めました。

股間に3mm丸穴を深く開口し直してスタンド接続し易くしています。

サーベル刃はHGUCなど他キットの余剰パーツを使用。

グリップ部分はシルエットブースター付属のジム用バックパックに一体成型されていた柄をカットして使用。グリップと刃は接着してます。

ウエポンコンテナ。

ビームライフル以外の銃器を収納する事が出来ます。

バックパックについているアタッチメントを展開します。差し替えなしで展開します。

コンテナは非常に大きく重量もあるので前傾姿勢気味で立たせる事で自立します。

今回使用しなかった固定肘や長めの上腕パーツ、CSフレーム用腰パーツも一応作りました。上腕部分の肉抜き穴は埋めております。

差し替えで瞳付きツインアイに変更する事が出来ます。

ツインアイのコンパチはヘルメットを取り外してツインアイ部分を前後ひっくり返せば簡単に変える事が出来ます。

塗装後組み換えし易いようにクリアランス調整は念入りに行いました。

くるぶしにはHIQパーツの金属モールドを取り付け。

裏面に糊が付いているので塗装後ぺたりと貼り付ける事が出来ます。

という事でSDCS 陸戦型ガンダム完成報告でした。

どうしても肉抜き穴がそのままだと目立ちますがRG的SDキットとも言えるパーツ分割がなされています。

腰のV字や胸部のダクト等破格の色分けが成型色レベルでなされており革命的なキットだと思います。随分と久しぶりのガンプラとなりましたが今月は他にも色々トライしてみようと思います。

久しぶりにガンプラをヤフオク出品致しました。何卒宜しくお願い申し上げます。

This entry was posted in SDCS_陸戦型ガンダム and tagged , . Bookmark the permalink. Post a comment or leave a trackback: Trackback URL.

Post a Comment

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *

*
*

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*