SDクロスシルエット
ナイチンゲール完成報告。


SDクロスシルエット ナイチンゲール完成しました。


エッジのシャープ化やBMCタガネやモデリングスクライバーによるモールド彫り直し、ファンネルの銃口を金属パイプに置換、ビームライフルをナニワネジや貼り付けガラス等を用いてディテールアップするなどの工作を行なっております。






バーニア関連での塗り分け箇所は結構多かったです。


背部三連プロペラントタンクは肉抜き穴をエポパテで埋めました。







シールドにはネオジオンマークの水転写デカール。プレバン専売品のものを使用し高画質です。

好みでUC時の「画数」?が多いほうのネオジオンマークを使いました。


ビームライフル。
銃口をナニワネジでディテールアップ。金属製なので塗装後もシャープな造形です。勿論プライマーをしっかり吹いた上から塗装しています。


センサー部分を新造し塗装後に2.5mm径の赤い貼り付けガラスを埋め込みました。


股間に3mm穴があるのは良いのですが浅いのでリスキーだったためドリルで貫通させて魂STAGE等の各種市販汎用スタンドにフィットするよう手を加えました。


本キットにビームサーベルの類が付属しないため手持ちのあまりパーツを組み合わせて用意しました。


サーベル刃にはクリアーオレンジでグラデーション塗装。



手持ち武器・シールド共に左右どちらの腕にでも取り付け可能です。



胸部のネオジオンマークもプレバン専売品のガンダムデカールを貼り付け。


一般販売されているガンダムデカールとは異なり、極めて高画質でカルトグラフに匹敵する品質です。


モノアイの縁取り部分を銀色で塗る事でメリハリのある仕上がりとなりました。


カッコ良さと愛嬌ある雰囲気が良い塩梅で共存されていて本当に良いキットだと思います。


モノアイの左右スイングギミックはこのような感じです。


胸部バルカン砲の砲身に1.5mm径のパイプパーツを埋め込みディテールアップ。


腹部メガ粒子砲を初めとしたガンメタ風のメタリック塗料はガイアノーツの「フレームメタリック(2)」です。ガンメタとシルバーの中間に来るような発色でちょっと高いですがお気に入りの塗料です。


造形があやふやだった一部の凸モールドは削り落としてエバグリの極薄プラ材をカットして貼り付けています。


脚部カウルにあった凸モールドもそうなのですが完成後は殆ど見えない部分なのでキットのままでも問題無いかと思います。



ファンネルの砲口は全て外径2mmの真鍮パイプに置換。





先日完成さいたBB戦士Hi-νガンダムと大きさ比較。


どちらも仰々しいシルエットなので飾り映えします。





本体および付属品一式。


ということでSDクロスシルエット ナイチンゲールの完成報告でした。そもそもSD映えするデザインなのか期待以上の素晴らしいフォルムが手に入り大変満足しております。

本シリーズしょっぱなからかなりのキワモノが登場しましたが個人的にこのクロスシルエット版はナイチンゲールの立体物の中で屈指のプロポーションだと思います。

RE1/100の時相当苦労したファンネルコンテナのイカリ肩化やガニ股化を本キットは最初から表現出来ているので組み立てるだけで最高のシルエットが手に入ります。

ただビームサーベル等の斬撃系武器が一切付属しないのが少々寂しいものがありましたので今回はそういった箇所を補完する方向で製作してみました。

こんな調子でSDクロスシルエットでメッサーラ・バウンドドック・ゲーマルク・THE-O等も立体化されたら有難いところです。今後のラインナップに対してついつい期待してしまいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください