SDクロスシルエット
RX-78ガンダム
G-3カラーで完成報告。


SDCSガンダム完成致しました。


G-3ガンダムとして製作しました。


正面。


個人的な好みで上半身CSフレーム、下半身SDフレームを使用しました。


額のセンサーはラピーテープを貼り付けました。色々反射してかなり良い感じな仕上がりました。


背面。
後頭部のセンサーもラピーテープを貼り付け。


SD体型でありながらダイナミックに可動します。


CSフレームは肩部の引き出し可動や肘関節の可動範囲が広いため従来のSDキットでは到底不可能な躍動感あるポーズが決まります。

今回SD的な意味でのプロポーション重視で下半身はSDフレームを使用しましたがCSフレームであればなんと膝関節が可動し太ももにロール軸が追加されます。


キット付属のビームサーベルは刃・柄共に白一色の一体成型なので刃の部分を切り飛ばしてクリアパーツに置換しました。


ビーム刃はクリアーオレンジでグラデーション塗装。




ビームライフル。



ビームライフル、ビームサーベル、シールド全ての武器は右手左手どちらでも持てます。


ビームライフルのセンサー部分はマスキングで塗り分け後、UV硬化式透明レジンを充填。




シールドを取り付けてみました。



デカールは全て水転写式。
ガンダムデカールDXとHIQパーツ社のものを使用。




シールドは背中に懸架する事が出来ます。




股間に3mm丸穴が開口されていますがそのままでは浅く安定しなかったので3mmドリルで貫通させることで魂STAGEなどの市販の汎用スタンド各種とガッチリ接続出来るようになります。




ビームライフルは両手持ち出来ます。





上半身にCSフレームを使ったのでこのようなポーズも取れます。


もはやガンダム系キットお馴染みの作業ですが腰のV字状モールドはマスキングしてしっかり塗り分けました。


頭部周りの密度感は特に素晴らしいです。



頭部ヘルメット部分を取り外します。


ツインアイ部分を一旦取り外して180度回転後再装着することで瞳が描かれた状態を表現する事が出来ます。


当初プロポーション的に小顔過ぎる感じで結構シリアスなシルエットなので瞳無しのツインアイの方が似合う気がしていたのですがいざ完成。


ですが完成後どちらも再現出来るギミックというのは有難いです。


シールドは差し替えでグリップを起動する事が出来ます。


かなりガッチリとホールド出来ます。もちろん左右どちらの腕にも取り付け可能です。



CSフレームに同梱されていたGM頭を取り付けてみました!


当然ながら一気にジムっぽくなります。


頭部バルカンは1.5mm径のパイプパーツを埋め込んでディテールアップ。


グレー成型色にモナカ合わせ構造なのでセンサーの類は全てマスキングして塗装で表現。


黒下地の上にプリズムブルーグリーンで塗っています。




BB戦士パーフェクトジオングと。


大きさ比較。


本体および付属品一式。


BB戦士ガンダムと比較。
SD同士とは言えプロポーション的にもギミック的にも全く異なるベクトルで楽しめます。


次回予告はもちろんこちら。ご期待ください。


という事でSDクロスシルエットRX-78ガンダム完成報告でした。G-3カラーで挑みましたが調色も良い塩梅で決まり満足しています。

私は今回クロスシルエットフレームセットというCSフレームが同梱されているものを購入し上半身にCSフレーム、下半身にSDフレームを用いて自分好みのプロポーションで楽しむ事にしました。

頭部等はRGに迫るパーツ分割が採用されていたりして完成後の密度感も非常に高く満足感もかなりのものです。

細かい部分でディテールアップや塗り分けを追加したりしましたが今までのSD系立体物とは一味異なる精悍な造形も魅力的です。

立ち上がったばかりの同シリーズですが畳み掛けるかのようなラインナップで次々立体化されていく予定のようなのでスタートダッシュが実って定番シリーズとして定着すれば良いなと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください