SDガンダムEXスタンダード バンシィ
完成報告。

SDガンダムEXスタンダード バンシィ(ユニコーンモード)完成致しました。

細かい塗り分けと肉抜き穴対策をしっかり行いましたが最大のテーマはサイコフレームと外装を塗装でどれだけ質感高く表現出来るかという点です。

光り物だらけですがお目出度い感じではなく禍々しい仕上がりになりました。

アームド・アーマーXDはポロリし易く塗面に悪影響が出易そうだったのでバックパックに接着しました。

ビームマグナム。

アームド・アーマーDEはシールドのように前腕部に装着出来ます。

写真では片方にだけ着けていますが左右どちらにも装着出来ます。

ビームマグナムも左右どちらの手でも持てます。

ビーム・マグナムにリボルビング・ランチャーを装着する事が出来ます。

塗り分けも面倒ですがやった分だけ完成後の情報量がアップします。

股間に3mm丸穴が開口されていますので市販の各種汎用スタンドに接続する事が出来ます。

ビームサーベルはキットに付属しないため他キットの余剰パーツやビルダーズパーツを活用して二本用意しました。

BB戦士ネオジオングと記念撮影。

どちらもなかなかのヒール感が漂います。

造形的なカッチリ感が強くて立体的なメリハリが効いています。

UCつながりですが同時製作中のHGUC ネオジオングに納まるシナンジュも良い感じで進捗中です。

シナンジュ部分だけは今月中に完成報告出来そうです。

あとこちらも今月中に完成させたいと思います。

かなり密度感のあるキットなのでそれを活かした配色で塗ってみたいと思います。

話は戻って付属品一式。

という事でSDガンダムEXスタンダード バンシィ(ユニコーンモード)の完成報告でした。

頭部センサーのみキット付属のホイルシールを活用しましたがそれ以外は塗装で表現してみました。やった分だけ納得いく仕上がりに向かっていったので大変楽しく作る事が出来ました。キットにはホイルシールがたっぷり収録されていますので無塗装派の型でも細かい色分けを再現する事もできますので気軽に楽しむ事が出来ます。休日天候が今ひとつだったりして自宅でちょっとプラモでもやってみるかという時にもぴったりのキットです。

This entry was posted in SDスタンダード_バンシィ and tagged , , . Bookmark the permalink. Post a comment or leave a trackback: Trackback URL.

Post a Comment

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *

*
*

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*