バンダイ
1/12 ボバ・フェット
進捗報告。

001
簡単フィニッシュで製作中のボバ・フェット、進捗報告です。

002
今回は合わせ目消しとをざっとやった意外細かいことは気にせず作業していっています。ゲート跡もデザインナイフでさっと削り取ります。

成形色を活かした簡単フィニッシュではヤスリまくると全塗装よりも手が掛かる事がしばしばあるので深追いしないようにしています。

ということで一通り下ごしらえが済んだら付属の水転写デカールを貼って乾燥後光沢トップコートを吹きます。

簡単フィニッシュでウェザリングを行なう際はこの工程が一番大事です。

そしてエナメル銀でハゲチョロを再現していきます。この時塗料を薄めないのがコツです。

003
ウェザリングは一度始めるとついついやり過ぎる事がしばしばあります。

004
そういう時は面倒くさがらずに都度エナメルシンナーで拭き取ります。

005
狭いエリアはベビー綿棒なんかで拭き取ると狙った場所だけ塗料を落とせます。

006
簡単です。
細かいホコリ等もこの時一緒に拭き取ってしまいます。

007
ハゲチョロを自然に見せるコツはとにかく「向き」だと思います。どういった方向に接触して塗膜に傷が入り地が出たのか想像しながら筆を動かしていきます。

008
成形色レベルで細かく色分けされているのでほんの一手間加えるだけで一気にリアル感が増します。

最終的にマットコートを吹きますので更に馴染んで迫力が出ると思います。

009
胸部のデカールを貼り忘れていましたので慌てて貼りました(笑)乾燥後再度光沢トップコートを吹いた後マットコートを吹きます。シルバリング対策です。

010
側頭部のデカールも然り。

011
服の布地は黒と赤を混ぜたものを使いました。こちらはシンナーでかなり薄めておきます。

左がウォッシング後、右がウォッシング前です。
スナップフィットにジャブジャブのエナメルシンナーは深刻な割れを伴う破損を引き起こすリスクが高まります。ですからあらかじめ光沢トップコートを入念に吹いておく必要があるわけで御座います。

012
肩パッドはこんな感じに。
その他の場所も汚しておきました。
乾燥後トップコートを吹いて完成となります。

色分けが細かい最新キットは簡単フィニッシュでも相当見栄えがしますから凄い時代になったものです。

013
続いてプロトタイプグフですが基本塗装は完了しました。
色々考えたのですが光沢仕上げにしようと思います。
こちらも完成が近いです。ご期待ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください