HGBF 1/144
カミキバーニングガンダム
パチ組みレビュー。

000
本日はHGBF カミキバーニングガンダムのパチ組みレビューです。リリースから少し日が経ってしまいましたがとても良く出来たキットです。

001
箱絵からも分かる通り遂に手持ち武器を装備したバーニングガンダムです。

今回もヨドバシカメラマルチメディア博多店さんで購入。ちょっと出遅れて確かプロトタイプグフの出荷日にまとめて買ってきました。

002
組立説明書。毎度の如く読み易いよく出来た説明書です。

003
ホイルシールは最小限の補足のみ。
つまり成形色レベルでかなりの色分けがなされている事を示しています。

「神」マークは二枚分付いており、余りをネタ系作例に利用してみたいと思います。

黒いバンダイマークが精悍で渋いです。珍しい色です。

004
正面。
全身に配置されたクリアパーツが美しく輝きます。

そして道着の帯?をモチーフにしたフロントアーマー部分の黒いブロックが面白いです。大河原邦夫先生は頭が柔らかいですよね。流石としか言いようがない見事なデザインです。

個人的には歴代ガンダムの中でも特別好きなデザインです。宇宙世紀ものでは絶対に有り得ない方向にベクトルが向いたとても楽しいデザインです。

合わせ目消しが必要な箇所は肩の赤いパーツくらいです。極めて優秀なキットです。

005
背面。

006
バックパック部分にもクリアパーツが絡んでいて美しいです。ディズニー映画「トロン」を彷彿とさせるものがあります。

007
なんと踵にまでクリアパーツが!

008
肘&脛横にもクリアパーツが埋め込まれた豪華仕様です。

009
クリアパーツの縁と曲面で発色に変化が出ますので内部から発光しているように見えます。非常に立体映えするデザインです。

010
ビルドバーニング系機体なので超常的な可動範囲を誇ります。しかもビルドバーニングの時問題になった肩基部のポロリし易さがかなり解消されており大きな進化を感じます。

010b
股間にはいつもの3mm丸穴がありますので市販の汎用スタンドで浮かせることが出来ます。

011
今回も出来の良い手首パーツが充実しております。完全な握り拳、平手、手刀、穴開き武器持ち用手首、クリア手首すべて左右分付属します。

012
完全な握り拳、平手、手刀に至っては根元の接続軸部分が可動しますので表情豊かなポージングが可能となります。

013
聖拳突き!

014
ということで握り拳でした。

015
そして平手。

016
調度良い開き具合です。

017
手刀パーツも素晴らしい造形です。
ユニコーンガンダムに取り付けてあのシーンを再現するも良し。

018
手首が表情豊かだとポージングの幅が一気に拡がります(笑)

019
命乞いと見せかけて斬首wwwwwwwwwwww!

020
HGUCザクF2と。
ご覧の通り平均的な18m級です。

022
そして太刀。穴開き手首を使って持たせます。

023
RGアストレイ、昨日ご紹介しましたバルバトス、そしてこのカミキバーニングガンダムと最近刀を振り回す主人公機のキット化が続きます。個人的には嬉しい傾向です。

024
こういう刀を振り回すガンダムは何となく海外受けしそうな派手さがあります。

025
鞘もがっしりしたデザインで3パーツ構成です。塗装する際は刀身を研いでクリアランス確保しておきましょう。

026
バーニング系といえばこのエフェクトですよ。

今回はまた格別凄いことになっています。

027
従来通り拳に着けるエフェクトも入っております。

028
両手分着けてみました。
神樹ガンプラ流奥義 鳳凰覇王券!

029
足に着けるエフェクトパーツも健在です。もう何がなんだかわからなくなってきましたが凄いガンプラです(笑)

030
拳に着けるエフェクトパーツの下にはクリアオレンジの手首パーツがあります。私はこの状態も結構気に入っております。

031
次回はこちら!
私は00を観た事がないのでイナクトのキットを見つけるのが大変でした。まさか赤い機体だったとは。。。

箱も経年劣化していますので相当前からあったようです。当ブログでは勿論ライトグリーンに着色予定です!

ビルドファイターズトライを観て一目惚れしました。面白いデザインのMSですよね。最近フラッグという機体も気になってきたので恐らくそちらも作ると思います。ご期待ください。

さて本題に戻りますがカミキバーニングガンダム、「セカイのガンプラにハズレ無し」を地で行く見事な内容のキットです。

プロポーション良し、可動良し、色分け良し、プレイバリュー良し、値段良しと言うことなしです。合わせ目消しが必要な箇所は肩の赤いパーツのみです。当ブログでは少しだけディテールアップして出来るだけニュートラルに仕上げてみたいと思います。

光沢仕上げが似合いそうな派手なロボットです。ガンダム的には異色の存在かも知れませんがロボットアニメ的には王道を行く痛快な機体です。

簡単フィニッシュでも充分な出来映えになりますのでガンンプ復帰を検討されている方や初心者の方にも胸を張ってお奨め出来る名作キットで御座います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください