バンダイ 1/72 タイ・アドバンストx1
簡単フィニッシュで完成報告。

000
今回は昨年のクリスマスプレゼントとしていただいたバンダイのSW関連キット、1/72 タイ・アドバンストx1 の完成報告で御座います。簡単フィニッシュです。

001
正面。
今回やったことと言えばゲート処理もそこそこにモールドを彫り直し、スミ入れと極僅かな部分塗装のみです。

002
側面。
キットのそのものの完成度が極めて高いため上記の作業以外何もしていません。

003
背面。
付属のスタンドは黒サフの上にライトガンメタルで塗ってみました。

004
スタンドを濃い色に塗ってより全体的に引き締ったと思います。

005
上面。
天板の塗り分けはオミットしましたが問題無くリアルです。

006
ビューポートの窓枠はグレイバイオレットで塗りました。モールドも細かいですし可動させるわけでもないのでサフレスで直接塗装しパーツのシャープさを優先しました。

007
銃口の赤は筆塗りです。

008
コクピットには着座状態のヴェイダー卿が。

009
上部アップ。

011
今回はあまり律儀にスミを拭き取るようなことはせず、敢えて残して煤汚れ的な表現を目指しました。

012
無塗装状態でエナメルシンナーでバシャバシャ洗うのでスナップフィット部分の破損防止のためにこういう時はいつもより入念に光沢トップコートを吹いておきます。

013
ヴェイダー卿はパーティングラインを消した後、黒サフを吹いてエナメル銀を爪楊枝で塗った後光沢トップコートで仕上げました。

014
付属のスタンドはタテ/ヨコに三段階ずつ位置を変えることが出来ます。

015
いちいち組み直さないといけないので面倒ではありますが少ないパーツ数で躍動感のある表現が出来るスタンドです。

016
機体下部にある3mm丸穴で接続しますので市販の汎用スタンド各種が使えます。

017
やっぱり魂STAGE が使い易いですが外見は付属のスタンドの方が高級感があります。

017b
レーザー砲?の発射状態を再現したエフェクトパーツが付属します。

017c
最初ビームサーベルみたいでこのパーツは滑稽だななんて思っていましたが、完成してこうやって撮影してみると雰囲気があって素晴らしいです。

017d
造形良し、ディテール良し、パーツ構成良し、色分け良し、プレイバリュー良し、サイズ感良しとパーフェクトなキットです。

018
サイズ比較にHGUCザクF2と。

019
MGのオリジン版ガンダムと。
えっ?!出来てたんですか???(笑)
初めてMGのガンダムに手を出したのですが作っていて実に楽しい良キットでした。

020
ということで次回はこちらの完成報告となりそうです。
2016年最初のガンプラ完成品がRX-78というのは当ブログ的にはかなり珍しいことです。今年は王道を行くのでしょうか。ご期待ください。

021
ということでバンダイ1/72 タイ・アドバンストx1 の完成報告でした。

冒頭でお話ししました通り、簡単フィニッシュでこの完成度です。やる気と気候に恵まれていれば午前中買ってきてパチ組みしてからこの状態まで一日で到達出来るかと思います。凄い時代です。オススメのキットです。

This entry was posted in バンダイ_SW_1/48_タイ・アドバンストx1 and tagged , , . Bookmark the permalink. Post a comment or leave a trackback: Trackback URL.

Post a Comment

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *

*
*

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*