タミヤ 1/24
1989 ザウバー メルセデス C9をつくる。


いよいよトップコートを吹きます。
折角ここまで来ましたのに埃を巻き込んでしまったら、と気が重いですがここを乗り越えないと完成しませんのでトライしてみたいと思います。


まず最初のひと吹きふた吹きは多少砂吹き気味でも良いのでまずはデカールを保護するイメージで吹きました。

その後3回目4回目とクリア層を重ねる時には垂れる寸前の表面張力を利用して可能な限りこの段階で平滑なクリア層を構築することを意識しました。


今回も執拗に霧吹きしましたが、どうしても埃が乗ってしまうことがあります。

この赤丸で囲んだ埃は一旦作業を止めて半乾きと完全乾燥の中間地点くらいの時に爪楊枝の先端で除去出来ました。


そんな調子で少しずつクリア層を重ねていきました。


まだコンパウンドで磨いていない段階ですが、既に良い感じで反射するようになっている箇所もあります。


照明に使っている電球が映り込んでいます。
エアブラシ で吹き付けた段階でこんな調子なのでコンパウンドでしっかり磨いたら鏡面状態に出来ると思います。


やる前は非常に気が重かったですが意外に順調に進捗しました。


フロントにクリアを吹くまでは。


どこかにデカい埃くるだろうなと覚悟はしていましたが、よりによってこんな目立つ場所に来たか、と。

実物は写真以上にかなり目立ちます。埃が乗った分クリア層も立体的に隆起してしまいますから。一旦クリアを乾燥させてから番手高めの耐水ペーパーもしくはスポンジヤスリで慎重に除去を試みたいと思います。


シルバー塗装をしたパーツよりも、黒地のパーツの方が埃はかなり目立ちました。こちらも乾燥後慎重に埃を除去し再チャレンジしたいと思います。という事で今回は以上です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください