タミヤ 1/35
IV号駆逐戦車 L/70 ラング(旧キット)
進捗報告3。


今回もタミヤ1/35IV号駆逐戦車 L/70 ラング(旧キット)の進捗報告です。迷彩塗装後重量感を出していく作業となります。


前回の作業時は「光と影」迷彩にするつもりでしたがサンドブラウンが良い感じに塗れたので方針転換してそれを活かす方向でブラウン系の二色迷彩にしてみました。


少し赤みの茶色とサンドブラウンを混ぜて調色しました。


今まで迷彩塗装をする時は必ずマスキングしていたのですが今回初めてフリーハンドで塗ってみました。


出来の良いプラモを作ると自分が上手くなったなんじゃないかと錯覚してしまいますね(笑)


私が知らないだけでエアブラシで出来る事ってまだまだあるんでしょうね〜


40年以上前のキットでこれだけ出来が良いならリニューアルされた新キットはどれだけ凄いのか興味が湧いてきます。


ここから基本塗装したラングに重量感を与えていきます。クレオスのMr.ウェザリングカラーを使います。色はステインブラウン。


専用の薄め液で溶いてウォッシング。


マッチで付けた弾痕部分に塗料が溜まるようにしました。


結構良い感じじゃないですかね。個人的には満足しています。ドムトローペンとかにも似合いそう。


転輪の塗り分けやシャーシの裏側をクレパス+重曹の自作ピグメントでウェザリングしていきたいと思います。


車長フィギュアもMr.ウェザリングカラーでウォッシュ。


上着はまだら模様の迷彩柄にしようと思ったのですが結構良い塩梅なのでこれで通そうと思います。


ここからOVMの塗装や拭き取りが甘い箇所を綺麗にしたり腐食や発熱を表現していきます。撮影が間に合ってませんが履帯もウェザリング完成しています。この調子だと完成が早そうです。本当に作り易い良いキットです。

次回予告ですが製作中のヘッツァーや輝神大将軍獅龍凰の予定です。
その他ガンプラもどんどん作っていきますのでご期待ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください