タミヤ 1/48 III号突撃砲G型 完成報告。

2018年下半期完成報告トップバッターはこちらです。
タミヤ 1/48 III号突撃砲G型で御座います。

いただきもののプラモ群の中のひとつでしてこの度完成と相成りました。有難う御座います。

人生初の冬季迷彩塗装にチャレンジしてみました。

当初はどうなることかと思ったのですが終わってみると結構良い感じに(自画自賛)なったのではないでしょうか。

苦手種目だったフィギュア製作も最近ではそれなりの仕上がりになるようになってきました。

個人的に納得出来る仕上がりが得られるようになってくると今まで億劫だったフィギュアの塗装も楽しみになってくるから不思議です。

今はまだまだフィギュア初心者の域だと思いますのでその分伸び代もあるのでは?ないかと自分で自分に期待しております(笑)

今更ですがシュルツェンの裏も汚しておけば良かったです。

後日だましだましトライするかも知れません。

そういう時が最もアクシデントが発生し易い時なので藪蛇にならない程度に落ち着いて作業したいと思います。

先に製作開始していた同スケールのヘッツァーと。

当時はこれでも結構汚したなーやり過ぎかなーなんて思っていたのですが最近の私の作風と比べると全く汚しやダメージが足りない気がしますwwwヘッツァーももっと汚さないと(使命感)

これがまた数年後見るといくらなんでも汚し過ぎやな、と見える事もあるのでプラモというのは奥が深いです。

まあそうやって何度もプラモを作り続けるハメになるわけですが(笑)

手法は仰角可動式。

ポリキャップが仕込まれているので滑らか且つ磨耗でスカスカにヘタる心配もありません。

という事でいただきもののタミヤ 1/48 III号突撃砲G型完成報告でした。

リデコキットという事もあり余剰パーツが結構多く出ますのでそれらをガンプラやその他キャラものキットの改修やオリジナルメカ製作時に使ったりする事が出来ますので一粒で2度美味しい良質なキットだと思います。

私自身昨年から 1/48 AFVに参入した新参者ですが、日本人の手のひらに納まるこのサイズ感はなかなかに癖になるものがあります。ガンプラでいうとHGUC的なコレクション性がありますね。

という事で今後も同シリーズやその他小スケールAFVキットはいただきものや自腹切ったもの合わせるとまだまだネタがありますので出来るだけ記事にしていきたいと思います。ということでご期待ください。

This entry was posted in タミヤ_ 1/48_III号突撃砲G型’ and tagged , . Bookmark the permalink. Post a comment or leave a trackback: Trackback URL.

2 Comments

  1. たけぽん
    Posted 07/04/2018 at 09:07 | Permalink

    いつも、参考に閲覧しています!配色センス素晴らしいです。さしつかえなければジオングリーンの調色レシピおしえてください!

    • Posted 07/13/2018 at 13:19 | Permalink

      お問い合わせいただき誠に有難う御座います!

      当ブログで使用しているジオン系グリーンは基本的に
      「026 ライトグリーン」と「027 ダークグリーン」をベースにしております。
      共にガイアノーツの塗料で御座います。

      ただそのまま使うとザク等には濃すぎる気がしますので私はEXホワイト等を混ぜ込んで大抵調色して使用しております。

      逆にギラ・ドーガ等は結構強い緑が似合いますので白系で薄めず逆に赤みを足すなどしたりしております。

      いずれも目分量なので具体的な数字が出せず恐縮ですがたいていいつもこんな感じで塗っております。

      以上、今後ともご高覧の程何卒宜しく御願い申し上げます。

Post a Comment

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *

*
*

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*