SDクロスシルエット
ナイチンゲール
HGUC サイコガンダム
進捗報告。


今回はSDクロスシルエット ナイチンゲールを作っていきます。

いくらかディテールアップしてみたいと思い手を加える事にしました。まずは脚部カウルの合わせ目消しを行う際に気になったモヤモヤした造形の凸モールドを全て削り落とします。


エバーグリーンの薄切りプラ材を任意の長さにカットして接着。こういう時の接着はクレオス「Mr.セメントSP」が圧倒的に使い易いです。


脛にも朦朧とした凸モールドがありますので刮ぎ落とします。

※完成後もフレーム組み替え遊びをされたい方は脚部カウルの合わせ目消しをしてしまうと分解出来なくなりますのでご注意ください。


同時に各部にある丸モールドもあやふやな造形なのでドリルで開口しました。


股間ブロックも同様の加工を行いました。他の凸モールドはBMCタガネによる彫り直しで対応出来ました。


ファンネルの砲口は10個全て根元部分でカットし、その断面に2mm径ドリルで開口。


そこに真鍮パイプをはめ込みます。
いつもならこの手の部材はホームセンターで格安で入手するのが私のポリシーなのですがちょうど良い径が在庫切れしていたためヨドバシカメラに走ってウェーブのCパイプを買ってきました。久しぶりにこのシリーズ買いましたけどパッケージが頑丈な造りのものにリニューアルされていました。同梱されていた樹脂製の黒いシートは何かに使えそうです。


真鍮パイプを任意の長さにカットしてファンネルに取り付け。


背部に着く3基のプロペラントタンクの肉抜き穴は流石に悪目立ちするのでエポパテで埋めました。


逆にビームライフルに大量に空いている肉抜き穴はメタリック塗装時にメカニカルな反射が期待出来そうだったので敢えて残す事に。ただしセンサー部分は塗装後貼り付けガラスを取り付けられるようお助けパーツでレンズの縁を設け、銃口には難波ネジを装着しディテールアップ。


余りの巨体に圧倒されつつ分割塗装していっているHGUC サイコガンダムですが今回は頭部のディテールアップを図りました。


ここは後ハメ加工で口周りの赤いパーツを取り外せました。奥まった箇所にあるツインアイは塗装後頑張ってホイルシールを貼りこみたいと思います。同時にスリッパの表面処理も終わったのでナイチンゲールと一緒に塗装出来そうです。

という事で今回は以上です。
並行してクロスシルエットのガンダムも同時に製作していっておりますのである程度同じタイミングで完成させたいと思います。という事でご期待ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください