タミヤ 1/48
ストームタイガーでタイムトライアル
その3。

今回も色々手を出してやや収拾がつかなくなってきました(苦笑)完成させたいキットが多すぎて困ります。

まずは 1/48 ストームタイガー。
ワンデイモデリングどころか一週間以上経過してまだこのざまです(笑)

久しぶりに戦車やったら勝手が掴めず大苦戦です。前回塗装に失敗した後シンナー風呂に浸け込むはめになりましたが気を取り直して再塗装です。

オキサイドレッドの上にサンディブラウンを吹いた状態です。

三色迷彩を塗装するにあたって今回は色鉛筆を使って下書きをしてみたいと思います。

当ブログでは今まで三色迷彩を塗る際、練り消しゴムを用いたマスクをしてきましたが私の手グセのせいかどうも模様がマンネリ化してしまいがちなため今回別のアプローチをとって見る事にしました。

こんな感じでフリーハンドで模様を描き込んでみました。私は何年か前に長谷川迷人の実演動画でこの方法を知ったのですが、模様を鉛筆で描くと塗料を弾いてしまうそうなので色鉛筆を使ってくださいとのことです。危うく鉛筆で描くところでした汗

自分なりに納得いく模様が描けました!早速塗装開始です!

塗れました!

と言っても下書き丸無視でフリーハンドですが(笑)

私の技量が下書きに追いつかなかったとも言えますが。

怪我の功名で一応サマにはなったか?と。

塗料の濃度や距離、吹き圧やニードルの絞り具合など色々と鍛えられました。

最近割とパキッとした仕上がりの制作物を多く仕上げてきたのでここから汚しを入れるのがどうにも抵抗があります。

いっそこのまま仕上げに入っても良いかなと数日悩んだのですが、大戦末期の自走砲なのでやっぱり汚した方が良さそうです。

かと言ってオーバーな汚しは今回やりたくないので上品な汚し、というか模型の世界で良く言われる「綺麗に汚く」を目指してみたいと思います。

足回りも組み終わりました。

かなり親切設計な構造なのですがティーガー系だけあって部分連結履帯の取り付けは苦戦しました。何度やっても戦車は足回りで(も?)苦労します。

足回りを組み終えると一気に完成に近づいた感があります。

あんまり汚したくないな。
なんというのかこのトーンを変えたくないのです。流行りのフィルタリング等はナシで階調をキープしつつ汚しを加えたいと思います。

並行してHGUC ザクマリナーを作ることにしました。もう何年も作りかけ状態が続いていますが(笑)

何を隠そうこの二体のザクマリナー購入が当ブログ誕生のきっかけになったのです。このキットを皮切りに私のプラモ人生が(プラモやっては辞めの繰り返し人生でしたので第三幕目くらいですが)始まったと言っても過言ではありません。

そしてこちらも制作再開です。

このゼー・ズールも私にとって非常に重要なきっかけを与えてくれたキットなのでしっかり完成させたいと思います。ご期待ください。

さて、本日のF-35Aマスキングはこんな感じです。

ジグザグモールドの部分すべて塗り分け箇所だと思っていたのですが必ずしもそういうわけではないようで赤い部分はマスキング不要でした(泣)説明書はよくよまないといけませんね。この手の作業は焦っても仕方ないのでひたすら根性と忍耐の積み重ねを繰り返して完成に持っていくしかなさそうです。他にもあれこれ製作中ですのでまた機会を見てご報告いたします。ということでご期待ください。

This entry was posted in HGAC_リーオー, HGAC_リーオー(宇宙仕様), HGUC_ザクマリナー, HGUC_ゼー・ズール, タミヤ_1/48_ストームタイガー(シュトルムティーガー)STURMTIGER, ハセガワ_1/72_F-35ライトニングII(A型) “航空自衛隊 臨時F-35飛行隊”. Bookmark the permalink. Post a comment or leave a trackback: Trackback URL.

Post a Comment

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *

*
*

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*