タミヤ 1/48 陸上自衛隊10式戦車
進捗報告。

今回はタミヤ1/48スケール陸上自衛隊10式戦車の進捗報告です。

前回の作業で黒サフまで吹きましたので今回はその上に黄土色系の塗料を吹きました。クレオスのサンドブラウンです。

ヒトマルの迷彩塗装を行なう前にリハーサルを兼ねてズヴェズダの1/100ヤクトティーガーにまず迷彩塗装を施します。こちらも黒サフで下地を作りましたがその上にサンドブラウンではなく濃緑色を吹きました。クレオスのコクピット色三菱系です。

フリーハンドでいきなり吹いても良いですが練り消しゴムを使って模様の形状を検討してみたいと思います。

こんな感じ!

なんか毒々しい(笑)

サンドブラウンを吹きました。

練り消しを剥がすとこんな感じに!良い感じです!!

暫く眺めてるとちょっと物足りない気がしてきました。どこか迫力不足です。

という事で色の境目にレッドブラウンを細吹きしてみました!

一気にドイツっぽい迷彩になった気が。

個人的に納得の出来!この塗装だけで完成させるわけではないのでスミ入れやウェザリングがこの上に来る事をイメージして塗るのが大事だと思います。

という事で早速ヒトマルに応用してみます!

おおおお〜!
こちらも良い感じです!

でもやっぱり物足りなくなってきました(笑)

という事でこちらも境界線に赤茶色を細吹きです!!

やっぱり引き締るな〜

こちらも後の工程であるスミ入れやウェザリングがどう被さってくるのかイメージしながら吹きました。

続いて車長。
きょうびフィギュアと言えば可愛らしい美少女フィギュアが幅を効かせていますが私はフィギュアという単語を聞くとこういうのをイメージしてしまいますwww

ちょっとずつ迷彩を面相筆で描いていきます。

こんな感じに。ちょっと緑に寄せ過ぎですね。

そこで赤茶色でちょぼちょぼ描いてバランス調整。

これはかなり良い感じに仕上がりそう!

という事でヒトマルの塗装はあらかた様になってきました。完成が近いです。ご期待ください。

そして大和もだいぶ形に。
こちらは自分的に不完全燃焼な所が結構あって反省しつつも兎に角完成させたいと思います。

次回はアッシマーの進捗報告が出来ればと思います。投稿が追いつかず写真がかなり貯まってきたので気合いを入れてやっていきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください