ウォルターソンズジャパン
モデルキット999
1/72 P-51Dマスタング 完成報告。


ウォルターソンズジャパン 1/72 モデルキット999 P-51D ムスタング完成致しました。


フォトフレームを加工して展示台も制作してみました。


とまあこんな感じでプロポーション良好です。


デカールも必要十分な内容が収録されています。


要所要所パネルライン単位で塗り分けてみたりしています。写真ではわかりにくいですが実部では結構良い塩梅でアクセントとなっております。


モールドはキットのままでも明瞭ですが今回はより強調したかったのでBMCタガネで彫り直してがっつりスミ入れしてみました。


小スケールの場合敢えて濃い目の墨入れをしてメリハリを出した方がオブジェとしての見栄えがアップします。

リアル志向の方からは怒られるかも知れませんが私が投入出来る時間と技術の範囲内でその時点でやりたいと思った事をやるようにしています。


パイロットが付属します。
これは本当に有り難いです。


アンテナ線はモデルカステンのストレッチリギングを使用しました。安くはないですけどこれが一番です。


青い部分の塗り分けは角にHIQパーツの円形マスキングシールを貼ってそれ以外の場所は普通のスリーエムのマスキングテープを貼りクリアブルーを吹きました。



機体下部に3mm丸穴を開口しましたので魂STAGEなどの市販汎用スタンド各種と接続出来ます。


プロペラは破損&落下防止のために接着して固定しました。




今回フォトフレームを利用してオリジナル展示台を作ってみました。


本体との接続は透明プラ棒3mm径を介して行います。


取り付け軸は裏側でしっかり固定しています。


取り付けるとこんな感じ。


結構良い感じかも。


この手の展示台は今後も色々工夫して完成した模型をより魅力的に飾る方法をあれこれ研究していきたいと思います。


同スケールホルテン Go229と。


ホルテンでかい。。。


ムスタングあたりと一緒に写るとより一層ホルテンの異形さが際立ちます。


ホルテン Go229はドイツレベルのキットです。有り難い事にいただきものです。このキットも作っていて大変面白かったです。


ドッグファイト。


そういえば造形村から 1/72 ホルテン Ho229が出ましたね。広告ハガキが私のところにも届いていました。

近々近所のボークスSRに行って購入してこようと思います。なんと内部構造が再現されており更に驚くのは 1/144 もセットだそうで大変リーズナブルでホルテン好きとしてはやらない手はないですね。

昨年誕生日にいただいた造形村 1/48 もありますがまずは 1/72 をもう一回作ってから本丸に挑もうかと。


という事でウォルターソンズジャパン 1/72 モデルキット999 P-51D ムスタング完成報告でした。

このスケールでパイロット付きのキットはあまり無いので大変有り難いです。デカールの質も良好であらゆる点から見て良いプラモだと思います。当ブログとしては今後もこのシリーズは継続して作っていきたいと思います。

モデルキット999はフォッケウルフとハーフトラック等も所有していますので来月以降また何かトライしてみようと思います。先月のKV-2、今月のムスタングと陸→空ときましたので次は陸に戻って米軍ハーフトラックでもやってみようかと思います。という事でご期待ください。

今週はというか先々週あたりから細々とHGUC メッサーラも制作中です。可能であれば 1/72 第一次大戦機キットを二つ並行して作りたいとは考えていますが今月は手の掛かるキットを複数作っているのでもしかしたら来月にずれ込むかも知れません。

あ、そういえばRE/100ザクII改遂に発売されましたね。
土曜日昼食をご馳走になったついでにちょっとヨドバシカメラマルチメディア博多に立ち寄った際既に二箱しか店頭になく、その後家族会議で検討に検討を重ねた結果、製作しようと決め夕刻電話で在庫確認したら完売。決定版的な立体物が長年無かった事もありますがポケ戦アイテムの人気は凄いですね。予約しとけば良かったです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください