造形村 1/72 SWS ホルテン Ho229 をつくる。


主翼を塗装していきます。
さすがに 1/72 と小スケールなので強度を保つためと組み立ての便を考慮してかフレーム部と燃料タンクが一体整形されています。


まず黒サフを吹きました。


お次は光沢黒。
これは燃料タンク部分にだけ吹きます。


そしてEXシルバーを吹きました。


後ほど燃料タンク部分だけマスクしてフレームの塗装を行うという算段です。


この段階で胴体フレームに使うパーツも切り出しましょうか。


小スケール故にある程度一体整形されています。
1/32 や 1/48 なら律儀に細かくパーツわけしても良いのでしょうが、 1/72 のような小スケールで馬鹿正直に細かい分割を行うと接着面の確保等も困難になるので適正な判断だと思います。


現物の写真を撮り忘れましたがランナー状態では今まで見た事がない程のゲートが胴体フレーム部には発生していました。


話がいくらか逸れますが今日ボークスから宣伝ハガキが届きました。

いよいよSWSで 1/48 ファントムのロングノーズが発売されるようです。ハセガワ 1/48 の2倍くらいの値段がしますが造形村は臓物の類も再現されていますので一律に比較出来ませんが税込8,000円オーバーは私にはおいそれと出せる金額ではないです。

オフィシャルサイトを見ると年末か来年年明けにEJ型をリリースする旨のアナウンスもありました。個人的にはRF-4EJ改が欲しいところですがまずは買い支えるべきでしょうかね。ハセガワ 1/48 の再販分も現在市場に(造形村と比較するとかなり)安価で流通していますので誠に悩ましいところです。という事で今回は以上です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください