アオシマ 1/24 ホンダ シティ ターボⅡをつくる。


こちらもそそくさと完成させるつもりだったのですが、今日も完成報告出来ませんでした。


写真ではちょっとわかりにくいですがシートはマットブラックとグロスブラックでツートンカラーで塗り分けています。シフトレバー先端などはUV硬化式透明レジンで光沢化しマテリアルの違いを表現しました。


あちこち塗装が剥げたりしてゴタゴタしてしまったボディもレタッチししたりトップコートを吹き直したりしました。


何度も研ぎ出し時にエッジ部分の塗料が簡単にすり減ってしまいますのでその辺特に重点的に塗料を乗せていきました。


カーモデルは初心者同然なのでいつも大変なのですが、今回は特に難航しています。


何度も塗装してはトップコート吹いて研ぎ出しという作業をしてきましたが、その都度何らかのヘマをして二度手間三度手間を繰り返しております。


本体色と黒の塗り分け部分がマスクするたびにどこか塗料が剥げて補修が追いつかずもうこのままトップコートを重ね吹きして研ぎ出しに移行する事にします。


そうしないともう完成させる事はできんな、と。


トップコートを吹いた直後にパーツを触ってしまい下地が露出してしまいました。ここも塗り直しです。。。


以前の記事でも書きましたがスピードメーター周りはUVレジンでクリア層を作りましたが、ハンドル中央部も同様にUVレジンを滴下してクリアパーツ化。


写真ではわかりにくいですが実物は材質の違いをある程度表現出来たと思います。

個人的にはあちこち納得出来ないクオリティでここまで推移してきました、本キットはこのあたりでえいやと少々強引にでも完成報告に持ち込んでしまって、今回の反省を次回のカーモデル制作に活かしていきたいと思います。という事で今回は以上です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください