バンダイ 1/48 しんかい6500(推進器改造型)
進捗報告。


しんかいも他のキットと並行してちょっとずつ塗っていってます。


まず耐圧殻内コックピットの内側を塗りました。
私はこいう色を「お役所グリーン」と勝手に呼んでいます。私が子供の頃日本の役場や公立学校にはこの色が溢れていました。もっとレトロな発色にしたかったのですが現時点での私の力量ではここまでです。でも結構良い感じだと思います。


コックピット内部は細かな塗り分けを行なった後、デカール貼りとトップコート等まで外装より先に完成させる段取りで製作します。実は乗員フィギュアもちょっとずつ塗っていっています。

余談ですがこの水転写デカールはナンバリングが吹き出し形式になっていて普段プラモを作らない方にも大変フレンドリーなものとなっております。


お次は耐圧殻。
ここは外側の白い外装と内側のチタンむき出しの層が実機では重なっているのですがプラモでは流石のバンダイも一体成形です。


黒い波線をIllustratorで引いてみました。


この線に沿ってマスキングしていきます。


マスキング完了。


近影その1。


近影その2。


まず黒サフを吹き、


その上からガンメタ系の塗料を吹きました。


良い感じ!


という事で今回はこんな感じです。
実は今回報告した作業は先週〜先々週あたりにほぼほぼ終わっていたのですがあれこれ手を動かしていたら投稿するタイミングを逸してしまいました。

しんかいは内部をしっかり完成させてからでないと先に進めないところまできたのでコックピット内部と乗員フィギュアをまずは仕上げていきたいと思います。その作業を行うのは早くて来週ですね。

現在MGボールもメカトロウィーゴすぽーつ2体も大詰めに差し掛かっており、九五水偵は乗員フィギュアが完成しました。そしてストライカージンクスも現在鋭意塗装中です。今月は完成報告が賑やかなものになりそうです。という事でご期待ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください