HGBF ストライカージンクス
完成報告。


HGBF ストライカージンクス完成しました。


昔作ったハイモックのカラーリングを参考に塗ってみました。当時何色を使ったのか全く分からず調色に時間が掛かりましたが納得出来る色が出せました。





頭部の四つ目センサーはキット付属のホイルシールを貼った上からUV硬化式の透明レジンを充填し光沢感のある仕上がりにしています。




各部に1mm金属球を埋め込み。久しぶりにやってみました。35箇所くらいですかね。頑張りました。


要所にBMCタガネでモールド追加しています。


キットのままだと頭部後ろにバックパックの肉抜き穴が大きく開いていたのですがプラ板で塞ぎました。


GNディスチャージャーの射出口に1.5mm径のパイプパーツを埋め込みディテールアップ。肉抜き穴も塞いでおります。


デジタル迷彩はHIQパーツのピクセル迷彩デカールを使用しています。


手首は手甲パーツが経年と共にポロリしやすくなったりすると破損や紛失のリスクが高まるので接着しています。可動にも武器の保持にも不都合ないどころか安定感が大幅に向上します。


膝のノズル中央にはHIQパーツのマグネットセッターを貼り付け。






GNディフェンスロッドはカッチリ感と可動範囲の広さと保持力のバランスが大変素晴らしいです。


GNスマートガン。


これまた名設計で持たせやすいです。


調色には時間がかかりましたが、良い感じのロービジメカとなりました。


ビームサーベルを銃口直下に取り付けて銃剣的な扱いも出来ます。




ビームサーベルは二本付属。





GNスマートガンは分離してショートバレルの銃が取り出せます。



あちこち干渉してお世辞にも可動範囲が広いとは言えないのですが構造そのものはがっちりしていてとても安定感があります。


そして何と言っても造形的な美しさが魅力です。このほどよく複雑な線の多さがたまりません。


GNスマートガンの銃口はパイプパーツを二種類使って三重構造でディテールアップ。


頭部はカウルを外すとスマートなご尊顔が登場します。


特徴的な四つ目は塗装。黒い部分ももちろん塗装しています。
塗料が会話いた後UVレジンでクリアパーツ化。


余剰パーツのおかげで左右両肩にシールドを取り付ける事が出来ます。


こちらも捨てがたい。


本体および付属品一式。


ということでHGBFストライカージンクスでした!
久しぶりのビルドファイターズものですが個人的にはかなり気にっているキットでして反響が良ければまたいつか作ってみたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください