BANDAI SPIRITS HG 境界戦機 1/72 V-33 ストークキャリー をつくる。


2022年01月22日に発売されたストークキャリーを今から作っていきます。遅ればせながら私は今月初頭に買いました。

箱絵が大変カッコ良いです。期待が膨らむイラストです。


箱はかなり分厚いです。
私は本編を一秒も視聴していないのでどういう活躍をするのか一切知りませんが、BANDAI SPIRITS版オスプレイ的なルックスに惹かれました。型式番号もオスプレイを意識させるものとなっております。


分厚い箱にパーツがびっしり入っていました。


ランナーも巨大でパーツも巨大です。


ど迫力のパーツ群がメインとなりますので思いの外パーツ数は少なめで組み易いのです。


クリアパーツ。
スモークが良い塩梅で効いています。


浮かせて飾りたいという要望を想定してか本キットにはアクションベースが付属します。これはかなり有難いです。


余剰パーツ、というかおまけパーツも豊富に付属します。


AMAIMとかジョウガンとか書かれていますので他のキットのオプションなのかも知れません。

組立説明書にきっと書いてあるのでしょうが、私はキャラものキット予備知識なしで楽しむ事が多いため今回も敢えて読んでいません。境界戦機のキットは全て機体解説さえ読んでいません(笑)自分の妄想であれこれ考えて作るのにハマっているのです。


この辺のパーツは特に何かに活用出来そうです。おいしい部品です。


組立説明書。
設定画が載っていますがどこからどう見てもまさに未来のオスプレイといった印象を持ちます。


片面モノクロ、


片面4色刷りという HGUC などでお馴染みの仕様。
とても読み易く組み立て時ストレスを感じることは一切ありませんでした。


めちゃめちゃカッコ良いです。
色はオスプレイを意識してグレー系のロービジで仕上げるつもりです。

オスプレイのデカールも余ってますからその辺も貼り込んで楽しむつもりです。


あっという間に組み上がりました。


アクションベースも含めて概ね40分ほどで形になりました。


パネルラインがびっしり入っていて非常に密度感があります。


機体下部なども情報量がありスカスカした印象は全くありません。買って良かったです。とてもカッコ良いです。


このアングルから見ると特にオスプレイ感あります笑


垂直尾翼なんか完全にオスプレイです。
この辺のデザイン的なバランス感覚は見事だと思います。
架空のメカにリアルさを与える事に成功しているわけですから。


合わせ目がある程度発生することを覚悟していましたが、見事なパーツ分割によって合わせ目消しが必要な箇所はほぼゼロです。

私は主翼の上下合わせに出来る合わせ目だけ消すことにします。他は発生しません。


スモークがかった風防が非常に良い雰囲気を出しています。軍用ヘリっぽいテイスト。

一部パーツが浮いて隙間が出来ていますが、これは私が後から塗装するために分解し易いように敢えて浮かせているだけで実際は隙間なく組み上がります。


ランディングスキッドや脚カバーなども付属しますので飛行時は脚を収納した状態で展示することももちろん可能です。


かなりカッコ良いんじゃないですかね。


境界戦機のプラモを今まで4回かいましたけれど、どれも本当に素晴らしいです。

しかも機体毎にそれぞれ全く異なる魅力が仕込まれていてモデラーを飽きさせない工夫に満ち溢れています。もっと流行ってもよさそうなもんですがね。

このシリーズは完全に過小評価されていると思います。

特に今回のストークキャリーや バンイップ・ブーメラン 辺りはスケールモデラーの方にもかなり訴求出来る魅力があると思います。


大きさはハセガワ 1/72 オスプレイに近いと思います。

以前作ったものは欲しいという方にお譲りしてしまいましたので並べて比較する事が出来ませんがまた作りたいですね。やっぱりオスプレイは人気あるんでアクセス数が跳ね上がるんですよね。勿論私にとってもお気に入りの機体です。


HGUC ザクF2と大きさ比較。


でかいです。
迫力満点。


ということで 1/72 ストークキャリーぱち組報告でした。

デカくて作り易くて余剰パーツも美味しくてそして何よりカッコ良い。

これほどのプラモがこの値段というのは正直言って驚異的だと思います。

境界戦機のキットはキャラものプラモのレベルを数段上に引き上げていると言っても過言ではありません。もっともっと評価されて然るべきシリーズだと私は思いますがね。

今まで バンイップ・ブーメラン 、アメインゴースト、ブレイディハウンド、ストークキャリーと作ってきましたが、造形、構造、ギミック、塗装のし易さ等々あらゆる点から見ても驚異的な水準に位置しています。

さて次回予告ですが、この記事を書いている間にあのビッグキットが到着しましたので明日も開封報告となります。

私が子供だったころ某ムービーの冒頭で暴れ回った憧れの異形メカがついにプラモになったのか、と感無量です。珍しく予約して入手しました。ご期待ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください