BB戦士 ネオジオング
完成報告。


今回はBB戦士ネオジオングの完成報告です。
ありがたいことにいただきものでして私の事務所の目立つ場所に随分前から飾っております。


今年の10月に完成していたのですが報告が遅れに遅れ本日お披露目と相成りました。


正面。


ご覧の通りキャンディ塗装で仕上げました。


下地の黒を意図的に残してクリア塗装をしていますのでえらく重量感が出ました。


側面。


背面。
リアスカートのネオジオンマークは立体的に造型されております。


キットのままだとハルユニットの肩部分の合わせ目が目立つので後ハメ加工しました。


それ以外はキットのままです。非常に出来の良いキットです。


シルエット的に脚部?に相当するプロペラントタンクを外すと所謂ジオング状態に出来ます。


この状態もジオングらしくてカッコ良いです。


申し遅れましたがスタンドが付属します。


取り外したプロペラントタンク。白いラインEXシルバーでマスキングで塗り分けました。


裏面。


差替えで六本腕状態にも出来ます。


これがまた素晴らしくカッコ良いです。





EWACジェガンと。


ガンダムUCの一番くじG賞のフィギュアでこれもいただき物です。なかなか立体化に恵まれない機体ですのでありがたい限りです。


このまま大きさ比較に入ります。
まずはBB戦士パーフェクトジオングと。


共にジオング状態で。


Hi-νガンダムと。


そして先日完成報告したサザビーと。
ご覧の通り同じ色です。一緒に作りました。近い色のキットは同じ時期に塗装に入れるよう段取りすると効率的に完成させることが出来ます。


チタニウムフィニッシュのHGUCシナンジュと。


HGUCネオジオングと比較。
これは(笑)


こちらも同じ方からいただきました。本当に有難う御座います。


心して必ず完成させたいと思います。


チタニウムフィニッシュ、ネオジオング付属の本体と一緒に記念撮影。


サイコシャード発動状態を再現するエフェクトパーツが付属します。


BB戦士版独自設定の輪っかが頭に着きます。まるであの世に行っちゃったみたいな感じですが(笑)これはこれで大変気に入っております。


本来このエフェクトパーツはクリアイエロー成型で私はクリアオレンジをエッジに吹いてグラデーションをかけました。




ガシャポン戦士のアンジェロ用ギラ・ズールとバンシィ・ノルンそしてベースジャバーを絡めて撮影してみました。大きさ的にはこれくらいの体格差が劇中イメージに近いですね。


よくよく思い返してみるとユニコーンガンダムのキットを持っていないことに今気付きました。あれだけバリエーションが出ているのに。マリーダバンシィは両形態HGUC版を持っているので来年こそ作りたいと思います。


中身のシナンジュを取り出してビームライフルと背中のプロペラントタンクを取り付けてみました。


背中が重いので自立困難です。


背面。
バックパック中央に合わせ目がきますがまる無視してキャンディ塗装しました。エッジに下地の黒が残り結果的に良い塩梅の質感に。


ビームライフルのセンサー部分には貼り付けガラス3mm径を埋め込み。


奥まってて見え難いですがモノアイは頭部の可動に合わせて自動で動きます!


MGもビックリの機能ですね。


頭部の合わせ目も気になりません。寧ろエッジの色味が立体感を強調しています。ま結果的にそうなったのですが。


プロペラントタンクはこんな感じに塗装しました。


特徴的な翼状のスラスターもグラデーションをかけてみました。


シールド。


バズーカも付属します。
こちらもセンサー部分に貼り付けガラスを装着。


シールドや外装など完成後裏面が見える箇所は黒地にしています。これだけで一気に引き締った完成品が出来上がります。


ビームサーベルはクリア成型のものが一振り。柄も一体化されているので気になる方は塗り分けされた方が良いかと思います。私は刃のグラデーション塗装に夢中になり塗り忘れました(笑)


続いてビームトマホーク。
こちらは二本付属します。


刃と柄が別パーツになっております。刃はグラデーション塗装しました。


確か蛍光ブルーグリーンを吹いたと思います。


武器類は左右どちらの手でも持てます。


バズーカ左手持ち。


バズーカの先端部分は分離してネオジオングのハルユニットに装着出来ます。これも左右どちらにでも取り付け可能です。


あちこちで絶賛されている通りの名作キットで本当に出来が良いプラモデルです。


ということでBB戦士ネオジングでした。
自画自賛ですが塗装も良い塩梅で決まったと思います。
HGUC版は流石に作り手を選ぶキットかとは思いますがこちらはかなり気軽に取り組めます。

それでいてボリューム感たっぷりで造型も美しくギミックも素晴らしい、中身のシナンジュも武器類豊富でプレイバリューが極めて高いキットです。手軽さとガンプラの凄さがハイレベルに共存したキットでどなたにでもお奨め出来るプラモデルです。

さて次回予告ですが、先月完成したレギンレイズかもうすぐ完成予定のパラスアテネのどちらか何れにしても完成報告となるかと思います。2016年残すところあと僅かですので大団円に向けてどんどんロールアウトさせていくつもりです。ということでご期待ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください