HGBD ウォドムポッドをつくる。


ウォドムポッドを開封します。
予約して購入していたので入手したのは結構前ですが開封が遅れました。


側面。


今回も製作が立て込んでおり特に仮組みなどは行わず開封のみとなります。


側面の完成写真を見るにウォドムよりメリハリの効いたシルエットに纏まっており模型映えするフォルムだと思います。


箱がデカかったので身構えていたのですがパーツ数は意外に少なめだと思います。


組立説明書は片面カラー。
私自身ビルドダイバーズは全く未視聴なのでどういう役回りの機体なのか存じ上げませんが、そのまま無知な状態で好みの配色で仕上げてみたいと思います。


パーツ自体はまだ袋から出してもいませんが、組立説明書をざっと見た感じ合わせ目消しが必要な箇所等は殆どなさそうです。

個人的にはモノアイ?部分のパーツ構成が残念だなと思いましたがそれ以外はかなり優秀なのではないでしょうか。


配色どうしましょうかね。
買う前はウォドムカラーで塗ってみようかと思っていたのですが、箱絵の配色も非常に美しいです。


以前作ったいただきもののモビルフラットはメタリック&マジョーラ的な仕上げなのでそれらと調和するような配色も検討しています。


と言いつつMGターンXを作った時のようにモノクロな仕上げにするかも知れません。発売と同時に即売り切れる類のキットでもないでしょうからもう一体買っても良いと思います。という事でウォドムポッドはあまり完成を急がず配色をじっくり決めようと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください