旧キット コアブースター をつくる。


投稿するタイミングが合わず後手に回りましたが先月から旧キットコアブースターを作っております。


手元にふたつのコアブースターがあったためそのうちのひとつを製作してみます。右が今年再販されたものでこれを使いました。


本当は本日いきなり完成報告させるつもりで製作していたのですが力及ばず現在このような状況となっております。

機首部分は後ハメ加工、写真には写っていませんがコアファイターの主翼部分も後ハメ化。ただしこちらはキットのパーツをそのままカットするのが困難なため一部プラ板で自作したものを組み合わせて製作しています。


当ブログでは2018年の11月にもコアブースターを完成させた経緯があるため、前と同じような事をやっても面白くないので今回は少し淡目の配色としています。


前回製作したものがこちらです。


今回も3mm丸穴接続出来るように改修しているのですが、ただドリルで穴を開けるだけだと時間とともに開口部が拡がってしまうリスクがどうしても払拭出来ないため(といっても余程ガシガシやらないと早々磨り減るものでもないとは思いますが)、内径3mmの ABS パイプを埋め込むという手法を用いて摩耗対策に関する改善を図りました。


今回台座も自作予定です。
最近よくやるプラ製ケースに石膏を充填しプラ板で蓋をするというものです。

これが思った以上に手間がかかるため本体が完成してからその作業をすると完成報告が遅れてしまうので合間合間に作ってしまいたいと思います。という事で今回は以上です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください