HGBF ギャンスロット
完成報告。


本日の投稿はHGBFギャンスロットの完成報告で御座います。


肩の外装とバックパックを余剰パーツに付け替えて軽装状態に出来るようにもしてみました。


正面。
銀色の部分はEXシルバー、その他外装のメタリック調のカラーは全てEXシルバーの上に任意のクリア塗料を吹いてキャンディ塗装しています。


外装系は光沢、肘や膝の関節は非光沢仕上げです。


比較的塗り分け箇所が多いキットなのでマスキングで対応しました。


背面。


プロペラントタンクはスイング可動します。


ビームマントの発生装置も可動します。ここまで展開しても自立します。


原型のギャンからより一層甲冑っぽさが表現された頭部。むちゃくちゃカッコ良いです。


モノアイレールに相当するパーツもキャンディ塗装です。


赤系にしてちょっと悪そうな雰囲気にしてみました。


ビーム鶏冠。
酉年らしいデザインで気に入っております。


クリアーオレンジでグラデーションをかけました。


ビームマント。
こちらも鶏冠と同じくグラデーションをかけています。


鶏冠&ビームマント装着状態で正面。


ランス。
先端を差替えて使用します。


まずは畳んだ状態。


エッジというエッジはキンキンに尖らせておきました。


理屈抜きでかなりカッコ良いです。


股間に3mm穴がありますので市販の汎用スタンドに接続出来ます。




鉄血に出てきてもそのまま通用しそうな鈍器感があります。


先日完成させた流星号と記念撮影。


HGUCザクF2と。かなり長身です。


RGガンダムと比較。


ランスの展開状態。


ジオンマークがモチーフみたいで凝ったデザインです。


黒サフの上にEXシルバーを吹いた上にクリアーイエロー、そしてクリアーオレンジでグラデーション。



シールドはREVIVE版ギャンと同様のしっかりとした造りのものが付属します。



爪先が可動します。





ビームサーベル。





根元が可動する右手首が付属。



武器両手持ち。






キットに付属する余剰パーツを一部一緒に仕上げました。


こんな感じでギャンスロット軽装モードを妄想。


これまた騎士っぽいお姿で気に入っております。


細すぎず太すぎず調度良い体型で素晴らしいキットです。


ちなみに前腕を後ハメ加工しております。


私はずいぶん長い間このキットを積んだままにしていましたが、なぜもっと早くにこのキットを作らなかったのかと。







付属品。


ということでHGBFギャンスロット完成報告でした。
ベースとなっているREVIVE版ギャンも素晴らしかったですがこちらも猛烈にカッコ良い出来になっております。構造上肩の可動範囲がやや狭かったりリデコ故に塗り分け箇所が多くてマスキングが必要な箇所もありますがひとつひとつの作業をこなしていけば素晴らしい鎧の戦士が出来上がります。こういう出来の良い騎士風ロボットプラモがずっと欲しかったので非常に満足しております。

さて次回予告ですが今週はあと2体の完成報告を予定しております。ということでご期待ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください