HGBF カミキバーニングガンダム
完成報告。

000d
HGBFカミキバーニングガンダム完成報告です。

000c
当ブログではことあるごとに「ビルドファイターズものは今回で最後です」と何度も書きましたがついつい買ってしまいます(笑)面白いキットが多いです。

001
正面。
素のビルドバーニングガンダムより多少ごつくなっていますがスタイリッシュにまとまっています。原型機と同じ部分は殆ど無くてほぼ完全新規のキットとなっていました。

002
先日完成報告したバルバトスとこのカミキバーニングからトライしたのですがツインアイ部分のホイルシールの上から光沢トップコートを吹いてみました。

これが思いの外当たりより一層光をよく拾ってくれるようになりました。この手法は使えます。現物の見た目も粒子感が無く綺麗に反射しています。

003
背面。

004
ご尊顔。
従来のビルドバーニングガンダムとは全く異なるマスクでどちらかというとビルドストライクよりのシュッとした顔立ち。

全体的にムッチリしたシルエットですがこの爽やかイケメンマスクのお陰で良い塩梅に主役機としてのバランスが取れています。

006
今回もHIQパーツの箔デカール(金)を使用しています。

005
通常のデカールより糊が非常に弱いのでマークセッターで一枚一枚頑張って貼りました。

007
全身に張り巡らされたクリアパーツにも上から箔デカールを貼って透明感と立体感をより強調する仕上りを目指しました。

008
我ながらベストマッチなチョイスをしたと思っています(自画自賛)

009
バックパックの円盤部分なんかは特にディズニーのCG映画「トロン」っぽいですよね。

本体の色を単色にしてクリアパーツを強調する配色にしたらよりそれっぽい雰囲気になって面白そうです。

010
肩の黒いラインは付属のシールで再現。
別パーツ化されている六角形のブロックは黒サフ+ライトガンメタルで金属の塊感を出しました。

011
お尻回り。

012
フロントアーマーの黒いパーツはまんま道着の黒帯をイメージしてデザインされています。この辺りは流石大河原邦夫先生お見事なデザインで御座います。

013
クリアパーツが美しく嵌め込まれた膝周辺。
今回も要所要所に金属球を埋め込んでいます。

014
いうまでもなく光沢仕上げです。
グロス仕上げは撮影が難しく現物のテカテカ感をなかなかお伝え出来ず非常にもどかしいものがあります。

015
足にもふんだんにクリアパーツがしようされています。
黒いラインは付属のシールで再現しています。

016
踵も贅沢にクリアパーツが。

017
可動はビルドバーニングガンダム譲りでガンプラ史上屈指のものがあります。

018
しかも肩のすっぽ抜け問題が解決されていました。

019
今回も豊富な手首パーツが付属します。

020
手首の表情が豊かだとアクションシーンの迫力が一気に増します。

021
ポージングでかなり楽しめるキットです。

021b
今回ごく一部の合わせ目消しやパーツのシャープ化、モールドの彫り直し、塗装等は行なっていますがそれ以外は全くの素組みです。とんでもなく出来の良いスーパーキットです。

022
ビスト神拳!(笑)

023
ネオジオングは撮影ブースに入らないのでジオノグラフィのジオングで代用。

024
ビルドバーニング系お馴染みの出来の良い平手パーツ。

025
握り拳も良い造形です。

026
股間には3mm丸穴がありますので市販の汎用スタンド各種に対応しております。

027
ちなみに左肩の「神」マークはトップコート後に貼付けています。

028
機動武闘伝的ポーズ(笑)

029
とにかく躍動感溢れるポージングがばしばし決まります。

030
握り拳、手刀、平手パーツは根元にスイング可動出来るジョイントが仕込まれており微妙な表情付けが可能です。

031
アンテナや胸部ダクトはゴールドにして戦国武将のようなテイストを目指しました。

032
本キットにも日本刀が付属します!最近流行ってるんでしょうか。個人的には大歓迎の傾向です。

033
話は変わりますがそろそろRGもしくはREVIVEのリデコで武者頑駄無が出て良い頃合いだと思うのですが(笑)

ホビー事業部さん宜しくお願い致します!!!!!

034
抜刀!

035
刀本体はキットのままだと白一色なのでパチ組み派の方もここだけはしっかり塗り分けると良いかと思います。

036
調度良い長さです。

037
鞘はリアアーマーにマウント出来ます。

038
両手持ちも余裕です。

040
バーニング系といえばエフェクトパーツですが今回は特に気合いが入っています。

042
かなり豪勢な見た目ですがパーツ自体は軽く本当によく出来ています。

043
ぱっと見本当に燃えているかの如き躍動感があります。

044
次元覇王流な聖拳突きエフェクトも勿論付属。

045
両手分あります!

046
エフェクトが付くと格別気合いが入って見えます。

049
エフェクト&刀。

050
鞘が少し干渉はしますがある程度逃がせます。

051
非常に美しいキットです。

052
エフェクトパーツは後ろから見るとこんな感じです。

053
ビルドバーニングガンダム系の最終到達点的完成度を誇ります。

054
足にも!

055
足のエフェクトパーツはいつも通りひとつだけの付属ですがビルドバーニングガンダム同様左右どちらの足にも装着可能です。

056
何気にこの透明手首がお気に入りです。

057
ビルドバーニングガンダムに付属していたエフェクトパーツがまるまる付属します。

当時これでも随分ド派手に見えましたがカミキバーニングにアレを見た後ではだいぶ大人しく見えます(笑) しかしながら造形が美しいです。

058
ご覧の通り不動明王の如きガンダムです。

059
付属品一式。
かなり充実した内容のキットです。

000b ということでHBBFカミキバーニングガンダムでした。
ほぼ完全新規ですがビルドバーニングガンダム譲りの超絶可動は相変わらず健在で今回は肩のすっぽ抜け対策も施されております。

全身に配置されたクリアパーツも見事な輝きを放ち、エフェクトパーツはガンプラ史上類を見ない程合成です。

当ブログでは塗装しましたが、簡単フィニッシュでも相当見栄えのする名作キットです。

普段メインで作っている宇宙世紀ものと比較すると絶対に有り得ないような設定やギミックが満載ですがここまで吹っ切れてくれると逆にすんなり受入れる事が出来ます(笑)

冒頭でもお話しましたがビルドファイターズ関連キットは「当ブログで取り上げるのは今回で最後」と口にしながらついつい手が出てしまいます。

正直なところ、当ブログでのアクセス数等から見ると「ビルドファイターズトライ」と「Gレコ」は宇宙世紀ものと比べて並外れて反響が薄いのですが個人的に面白いと感じたキットは今後もどんどん取り上げていきたいと思います。

何故かグリモアとアメイジングレッドウォーリアだけは例外で未だに結構なアクセスがあり例外もあります。機体そのものが絶対的な人気があるということだと予測しています。グリモアは我が家に在庫がまだまだありますので近いうちにまた作りたいと思います。

次回はいただき物のRGガンダムアストレイレッドフレームの完成報告となりそうです。こちらはスミ入れすらしない簡単フィニッシュでエンジョイしてみようと思います。ここで10月は終了ですかね。時間が無い無いと言いながらアストレイも完成すれば今月は6体完成ということになり公私共にキツかったですが実り多き一ヶ月という締めくくりが出来そうです。

This entry was posted in HGBF_カミキバーニングガンダム and tagged , . Bookmark the permalink. Post a comment or leave a trackback: Trackback URL.

Post a Comment

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *

*
*

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*