RG ガンダムアストレイレッドフレーム
簡単フィニッシュで完成報告。

000
先日お見舞いにいただいたRGガンダムアストレイレッドフレームが完成しました。 完全無塗装、スミ入れさえしていないパチ組みフィニッシュです。

それにしても久し振りのRGでしたがこのシリーズは凄まじいですね。正直言って私にとっては充分満足な出来です。

001
正面。
安易にモデル体型にせずに美しいシルエットを実現しています。

002
背面。

003
独特なデザインの頭部も美しく造形されています。

004
今回はゲート処理もままならぬパチ組み状態のものに光沢トップコートを吹き付け付属のリアリスティックデカールを貼って完成という超お手軽フィニッシュで完成させました。非常に楽しかったです。

005
付属のシールがかなりの量で組立と同じくらいシール貼りに時間が掛かりました。

006
リアリスティックデカールと呼べでもその実態はテトロンシールなので余りに小さいものはゴワつきが目立つので要所要所特徴的なもののみを選んで貼っていっています。

006b
今回接写の画像が非常に良い感触で撮影出来たのですが反面引きの撮影は難儀しました。

007
股関節〜太腿まわり。

007b
テトロンシール系は貼付ける際に少し水につけると貼り易くなります。

008
RG故可動は超優秀です。
レッドフレームとRGはコンセプト的に相性が良いと思います。

009
立て膝。

010
まずはビームライフル&シールドを装備させてみました。

011
てっきり刀とビームサーベルだけで戦う漢らしさ全開のガンダムかと思っていましたが近代的な装備も所有しています(笑)

012
ビームライフルのデザインが素晴らしく取り回し易いです。

013
シールドの裏にもリアリスティックデカールがびっしり。

ちなみにシールドは左右どちらの腕にも装着可能ですがビームライフルは実質右手での保持オンリーです。

014
可動指を使えば左手で構えることも出来そうですが保持が厳しいです。

015
ということでビームライフル&シールドでした。
意外に似合っていて満足しています。

016
お次はビームサーベル。
バックパック装着用の柄と手持ち用の柄が二種類計四本付属します。

017
サーベル刃も専用?のもので独特の形状をしています。

018
もちろん左右分付属します。

019
今回何気に感動したのがスタンド接続用のパーツです。

RGの弱点は付属の握り拳の造形がショボ過ぎるのとスタンド接続パーツが宜しくない構造であること、この2点が依然からずっと不満だったのですが本キットのスタンド接続パーツは初代から随分と進化しました。

取り付け易く外れ難い、そして汎用スタンドとの接続も充分考慮されているというもので進化を感じます。

020
武器持ち手にダボ穴があってビームサーベルを若干斜め気味にグリップしますので切れのあるポージングが可能です。

021
バックパックは上方にスイング可動します。

022
お尻には関節が仕込まれておりこの機構により前傾姿勢が取れます。

023
取り回し安い武器は総じてウェルカムです(笑)

024
そして大本命の刀。
「菊一文字」ことガーベラストレート。

025
ガーベラストレートはサイドアーマーに懸架するか太腿に取り付けるか選択出来ます。

026
まずはサイドアーマーに取り付けるパーツを試してみましたがこれは駄目です(笑)太腿に干渉してまともに装着出来ませんでした。見た目も着膨れ感が強過ぎます。ちなみに左右どちらにも取り付ける事が出来ます。

027
続いて太腿に懸架するためのパーツを取り付けてみました。
外装を一度外す手間こそありますが非常にしっかりしてますしシルエットも壊しません。左右分付属します。

028
こんな感じいい塩梅です。

029
鞘に納まった状態でもグリップに手が届きました!

031
抜刀。

030
メッキが美しく輝きます。

031b
やはりアストレイといえばこの刀です。

032
また戦国アストレイ頑駄無が作りたくなってきました(笑)

033
RG版が出たら即買います!
HGは当ブログで二回作りました。MGもかなり出来が良いみたいなので是非いつかやってみたいです。

034
非常に素晴らしい出来映えのキットです。全くの無塗装でこの完成度ですからね〜〜〜〜

035
茎「なかご」というらしいのですが鞘の中に隠れる部分に「菊一文字」の刻印が。

036
全くの偶然だったのですが日本刀ガンダム三連発となりました。

037
めちゃめちゃ武闘派な感じの写真が撮れました(笑)日本刀を振り回すMSというのが個人的に新鮮でどれも非常に気に入っております。

038
さて次回はこれを作ります!MGです!
押し入れで7年ほど寝かしたMGキュベレイMkIIですがいよいよ重い腰が上がりました。来月は「鉄血のオルフェンズ」関連キットと並行してジークジオンなラインナップで挑みます。

ということでRGガンダムアストレイレッドフレームでした。

今月はプラモデルを作る時間が無いとぼやきながら6体完成しました(うち2体は簡単フィニッシュ、うち1体はスターウォーズもの)。

今回スミ入れさえしない完全無塗装の超お手軽フィニッシュで仕上げましたがご覧の通り良い出来です。

年に一回くらいのペースでRGを組みますがその都度ガンプラの進化を感じます。

RGはその密度から組立がそもそも面白いですし、組立後可動範囲の広さに感動します。

勿論見た目も素晴らしく今後どのような進化を遂げるのかとても楽しみです。そろそろアレックスやケンプファーをRGしても面白いのでは無いでしょうか。百式やリックディアスも売れそうです。(否、リックディアスはREVIVEで是非とも…)とにかく今後に期待ですね。

This entry was posted in RG_ガンダムアストレイレッドフレーム and tagged . Bookmark the permalink. Post a comment or leave a trackback: Trackback URL.

Post a Comment

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *

*
*

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*