HGIBO ガンダムバルバトスルプス
完成報告。

000a
今回はHGガンダムバルバトスルプス完成報告で御座います。

000c
ご覧の通りの配色でディアブロな感じに仕上げてみました。細々とした箇所も結構いじっています。

001
正面。

002a
ぱち組みとの比較。
胴体部分で約5mm延長。

002b
悪魔的な元デザインを強調する方向でキンキンに尖った仕上りを目指しました。

003
ご覧の通り光沢仕上げです。
トップコートはガイアノーツのEXクリア(光沢)に同社のクリアーレッドを少し混ぜたものを三層から四層塗り重ねてほんのり赤みがかったリッチな黒色の表現をしてみました。

004
自分で言うのもなんですがかなり仕上りに満足しています。

005
背面。

005b
頭部。

006
ツインアイはどうしても赤目にしたかったので付属のホイルシールは使わず塗装で表現。特徴的な顎の赤ベロ?は二種類の赤を使って塗り分けてメリハリを出してみました。

007
肩アーマーは造形的に光沢が特に映えます。

008
型番と「鉄」マークはモデグラ11月号に付属する鉄血デカールから持ってきました。念願の鉄血関連デカールということで非常に重宝しています。

009
鉄!

010
光沢仕上げはいつも撮影に手こずりますがこの写真の赤はかなり現物に近い色味です。黒い部分はもう少し赤味があります。

011
本キットには面白いモールドが沢山入っていますのでしっかり彫り直して前腕等も細かく塗り分け。

012
HGIBA MSオプションセット5に付属するルプス用平手も装着しました。面倒でも頑張って爪を塗り分けると完成後の満足度がグッとアップします。

013
もうこれは「悪(ワル)バトス」と名乗ってよさそうです。完全に悪魔です(笑)

014
015
前腕部分には恒例のモナカラインが走りますので後ハメ加工しておきました。

016
017
018
019
爪もキンキンに尖らせました。裏側が肉抜き穴になっていますのでエポパテでしっかり埋めました。

020
踵の肉抜き穴はそこそこ目立つのでプラ材で埋めました。やるのとやらないのとでは仕上りに大きな差が出ます。

021
金色の箔デカールはHIQパーツのものです。のりが弱いので一枚一枚マークセッターを塗布しています。

022
023
024
025
026
027
028
腹部にはビニール被膜銅線を追加。

029
可動範囲はこんな感じです。

030
ACミランみたいな配色になりましたが悪魔的な雰囲気が加速されたと思います。

030b
キットのままだと保持が怪しい上にポロリが多発しがちなサイドアーマーはボールデンアームアームズ付属の小型BJに変更。太腿の可動がちょっと制限されましたがこれで完全に問題が解決出来ました。

031
ソードメイスの鉄華団マークもモデグラ11月号付録の水転写デカールです。

032
トップコート吹く前はこんな色でした。

033
ソードメイスにしろツインメイスにしろキットのままだと持たせる度に手首を一度分解せねばなりません。これはストレスですので柄の末端を進駐せん接続に変更して手首をバラすのではなく武器側をバラす仕様に変更。

034
これによって手甲パーツを接着出来ますので武器を持った際にテコの原理で手首パーツがばらけることも無くなりました。一石二鳥です。

035
ちなみにソードメイスの柄は45mmほど延長しています。迫力アップです。

036
038
040
041
042
043
044
GUNDAM CONVERGEと。

045
046
047
柄を延長したことで迫力あるポーズが決まり易くなりました。

048
049
050
051
052
053
054
055
056
057
腕部200mm機関砲の銃口を金属パーツに変更。

058
059
060
股間ブロックに3mm丸穴がありますがデザイン上スタンドと干渉していまします。そのためキットには専用のアタッチメントパーツが付属しております。

060b
061
062
064
ルプスが劇中で最初に使用する武器がこれだとは思いもしませんでしたね。非常にカッコ良い使い方をされていました。

065
フル装備状態。
ソードメイスはアタッチメントパーツを背中に取り付けて懸架させることが出来ます。このパーツは二つ入っています。

066

067

068

069

070
バックパックの展開もアーム差替えで再現。ルプスになってアームにも可動ポイントが追加されました。

071
200mm機関砲を装着することも出来ます。

072
このアタッチメントはひとつ入っています。

073
074
075
ツインメイスの柄もこんな感じで分解出来るように改修しました。

076
077
078
079
角度の付いた武器持ち手はソードメイス両手持ちなどの必要性があったりするため径が大きめなので通常の武器持ち手でツインメイスを持った方が保持が安定します。

080
081
二期も始まってしまったので未完成のグレイズ七体を少しずつでも完成させないと。。。

082
一期で一度しか戦闘シーンが無かったマクギリスのシュバルベ・グレイズですが二期では石動という新キャラが引き継いで使うらしいので良かったです。一期が終わった時あれ?マクギリスのシュバルベって出番あの時だけ?って思いましたから(笑)

083
084
085
全部乗せ。

086
短期間で作った割にはあちこち手を入れましたが本当に作っていて楽しかったです。

086b

087
付属品一式。

000b
ということでバルバトスルプスでした!
今世界で一番作られているプラモデルだと思いますので配色やプロポーションなどを設定から外して違いを出してみようかなと軽い気持ちで始めましたが私が思っていたより数段カッコ良い悪魔ガンダムが出来ました(笑)当ブログで次作る鉄血系ガンプラは次はユーゴーとグレイズのどれかになるかと思います。

完成自体が近いキットが他にもあるので一旦鉄血から離れます。並行して色々やっていきたいと思いますのでご期待ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください