HGIBO ガンダムフラウロス
厄祭戦カラーで完成報告。


HGIBOガンダムフラウロス完成しました。厄祭戦カラーをイメージしてみました。


昨日完成報告をしたクタン参型とのドッキングも勿論可能です!


正面。
まずはショートバレルキャノンを装備した状態で撮ってみました。この武器はMSオプションセット7に付属しています。


本キットを手に入れた時からずっと発掘時の厄祭戦カラーで仕上げたいと思っていたのですが太腿等のカラーリングが当時わからずあれこれ悩んでいた所にプレバンでの発表があり大いに参考にさせてもらいました。


大まかな配色はプレバンのものを参考にしつつ細かい部分で自分好みにアレンジしています。


側面。


背面。


鉄血のガンダムフレーム機は太腿が極端に短いため立て膝等は厳しめですが、このフラウロスはフロントアーマーが無いデザインのお陰かかなり良い所まで曲げられます。体型そのものも他のガンダムフレーム機のような極端な胴短長足といったこともなく均整の取れた体型で安心感があります。


MSオプションセット7付属のアサルトナイフ。


二本付属。


太腿等のメタリックブルーは黒下地の上にEXシルバーを一旦吹きその上にクリアーブルーを塗っています。ピンポイントでシルバーを残して単調にならないよう工夫しました。


オレンジ部分は同様の工程でEXシルバーを吹いた後クリアーオレンジを吹いています。


細かい塗り分け箇所があり塗装はややめんどくさかったです。その分完成後の満足度はかなり高まりました。


踵もプレバンを参考にしつつも更に細かく塗り分け。


頭部は少しアレンジして歯を食いしばっているような造型が目立つようにマスク中央部をEXシルバーで塗装しています。


額のセンサーは付属のホイルシールの発色とデザインが美しかったのでそれを使用しています。


ツインアイも然り。


MSオプションセット7に付属する平手パーツを持ってきました。ヴィダール用ということになっていますがフラウロスにも使えます。手甲部分はフラウロスのものをレジンで複製して使用。


やっぱり表情の良い平手があると演技の幅が拡がりますね〜。平手と穴の空いていない握り拳が各キット標準で付属してくれると有難いですが価格帯を抑えるために致し方ないみたいです。別売でハンドパーツ一式とかが出てくれると有難いのですがね。


MSオプションセット3からグシオンアックスを持ってきました。


これもフラウロスによく似合います。


個体差かも知れませんが股間のスタンド接続部分の締め付けがユルい(正確に言うとキツめの部分が奥になっている)ため調度良い保持力になるようアタッチメントパーツを作りました。


些細な事ですがこういうちょっとした小道具を仕込むだけで不要なストレスが一気に解消されます。




先端部分を差替えてチェーンにすることが出来ます。


この鎖パーツはなんとそのままランナー上に成型されている脅威のインジェクションでして間違いなく模型史に名を残すと思います。




ショートバレルキャノンの砲口に金属製の挽き物パーツを埋め込んでいます。


そしてレールガン。禁止条約すれすれのあれです。長くて迫力があります。


出番こそそんなに無いですが何かと特殊な機体なので本編でもフラウロスはまた何か役目が回ってきそうな気がします。


配信版の予告編にはダインスレイヴの文字が出ていましたが…







レールガンの砲口もショートバレルと同様に金属パーツを埋め込んでいます。



流星号、バルバトスと比較。流星号は腹部で約5mm延長しています。


これだけ揃うとかなりの迫力があります。



クタンとドッキング!


この組み合せはかなり満足度高いです。クタン参型と同時制作して心身ともにボロボロになりましたがこの勇姿を前にすると疲れも一気に吹き飛びます。頑張って作ったかいがありました。


そして大本命?砲撃モード。カワイイです。


厄祭戦バージョンと銘打って流星号のノーズアートがあるとちょっとアレかなと思い単眼風にアレンジしてみました。


ちょうど今ボトムズをAmazonプライムで視聴してるので面構えは大いに影響を受けています(笑)


むせる。


キリコの飲むウドのコーヒーは苦い。


ショートバレルは勿論ロングバレルのレールガンも装着可能です。



やっぱりカワイイ。


クタンに乗せてもかわいいです!


本体と付属品一式。
あれもしたいこれも持たせたいなんてやってたら結構な点数となりました。


ヘルムヴィーゲもそろそろ制作開始したいと思います。このキットは本当に出来が良過ぎて私は目的を見失いました(笑)が配色なり顔を自分好みに変えるなり何らかのトライをしてみたいと思います。


そしてあの男のレギンレイズの制作もそろそろ開始します!ジュリエッタの機体もそろそろやってみたいと思います。極めて出来の良いキットなのですが如何せん劇中で損な役回りが多いですが最終回に向けてどのような出番があるのか楽しみですね〜?


レギンレイズの平手目当てで購入したMSオプションセット8ですが色々面白い小道具が入っておりました。あれこれ集めるとシャルフリヒター状態に出来るそうですが当ブログでは7のパーツをゲイレールに取り付けて農作業or公共事業メカ風に仕上げてみたいと思います。一応ゲイレールの武器も装備させていざという時はMS一揆みたいな感じで(笑)


ということでガンダムフラウロスの完成報告でした。キット自体の出来も頗る良好でして武器以外合わせ目もほぼゼロと言って良いですし可動範囲も広く、背中にあれだけのものを背負っていながら余裕で自立します。

数多くキット化されたガンダムフレーム機の中でぶっちぎりの出来だと思います。鉄血のオルフェンズに登場するガンダムフレーム機を何か作ってみたいけれど種類が多くてどれを選べば良いか悩んでしまうという方にはこのフラウロスを強くオススメ致します。

今回当ブログでは厄祭戦バージョンとしてプレバンより一足お先にこのカラーリングを堪能させていただきました。

現在の鉄血人気を見ればいずれ厄祭戦関連のコンテンツが出てきそうな機もしますね。今はこの手の情報が極めて少ないながらも盛り上がって作る事が出来ました。グシオンの厄祭戦時の姿やガンダムフレームと共に当時活躍したヴァルキュリア・フレーム機の設定やキット等が今後出てくると良いですね。

2017年2月の完成報告はこれで最後です。今月は6機完成させる事が出来ました。次回予告ですがいよいよRE1/100リバウの制作に入ります。ウェーブのソルバルウと並行して制作していきます。ご期待ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください