HGIBO ガンダムグシオンリベイク
パチ組みレビュー。

000
今回の投稿はガンダムグシオンリベイクのパチ組みレビューです。
本日の夕刻にその勇姿を拝めるのでしょうか。人気者になりそうな予感がプンプンするMSです。

001

箱絵。
あのグシオンがこんなことになりました(笑)

002

パイロットは勿論昭弘です。

003

ホイルシール。
ご覧の通り細かい色分けをシールで行ないます。

004

正面。
久し振りに随分色の足りないキットとなりました。
しかしこれはもとのデザインがガンプラ向きでないからとしか言いようがありません。頬のオレンジなんかは例えMG化されるようなことがあっても色分けが非常に難しいと思います。

005

背面。

006

頭部。
色分けは厳しいですが造型自体はかなりカッコ良いです。
しっかり塗りわけたらかなり見栄えのする出来に仕上がるかと思います。

006b

照準モードは頭部丸ごと差替えで再現。
この顔もかなりカッコ良いです。

007

肩は前後モナカですが簡単フィニッシュでも合わせ目が目立たない成形色をしています。背中の隠し腕ユニットもモナカでしてちょっと消し難い形状をしている箇所があります。

008

リアアーマーはシールドとして前腕部に取り付けることが出来ます。左右どちらにも対応しています。

009

立て膝は厳しいです。これも元デザインに起因します。あれだけ太腿が短いので仕方無いと思います。

010

前腕部も挟み込み構造なのですがパチ組み時に後ハメ化してみました。

011

手首側の突起部分が前後どちらもモナカ割りで非常に目立ちます。

012

こんな感じでカットしそれをもう一方に接着します。

013

前後どちらもやります。
モールドに沿ってBMCタガネで何度かなぞった後モデリングソーでカットしました。

014

引っかかる箇所があれば少し削ってガンダムフレームの取り付け、取り外しが出来ることを確認したら作業完了です。10分掛かりません。

015

これで合わせ目消しをすれば色分けもパーツ分割もこなれたものになります。

016

脚部のパーツ分割は非常に完成度が高く合わせ目消しが必要な箇所がありません。胴体や頭部も見事な分割となっておりました。これで実売価格1,000円ちょっとというのは本当に凄いです。

017

股間にはいつもの3mm丸穴がありますが魂STAGE だと少し干渉します。

017b

アクションベース2だと問題ありません。

017c

HGIBA MSオプションセット3に付属するハルバードを持たせてみました。

017d

非常によく似合っています。

017e

背中に二つある謎のコブ?にはギミックが仕掛けられております。

018

!!!!!

018b

!!!!!!!!!!!!!!!!
グレイズの腕が飛び出します。差替え無しの完全変形ですがパーツ分割は従来のグレイズとは全く異なり節約モードです。

例えるならHGUCザクF2とドラッツェの腕部の仕様に近いです。見た目は同じだけどパーツ分割は全く別。

019

お金に余裕のある肩はこのようにグレイズの腕部を装着することが出来ます。

020

コスト的な理由でこのようなパーツ分割に退化したのだと思います。
豪快なモナカ割りになっていてこのままでは塗り分けも面倒なので後ハメ加工していきます。

021

こんな感じにカットしました。
これで簡単に後ハメ化出来ます。肘関節のジョイントを取り付ける軸を少し斜めにカットしておくのがコツです。

022

四本腕に武器を持たせるとこんな感じに!!!!

023

先日のキマリス登場の際にも書きましたがこれまた売れそうですね〜

024

設定画のスタイルを忠実にトレースしているかと思いますが今回は個人的な好みでもう少し胴体を長くしてみたいと思います。

025

原型となったグシオンと。
似ても似つかぬシルエットとなりました。

026

ところどころ装甲のデザインが似ている箇所があって面影を感じさせるところもありますが大胆な衣替えとなりました1/100版も出るそうなので非常に楽しみです。

当ブログではグシオンをリベイクのようなサンドカラーにしたいと思います。外見も要所要所を弄って印象をガラリと変えてみたいと思います。

リベイクは顔つきがセンチネルっぽさを彷彿とさせるものがあったり、後ろ姿はサザビーやゲーマルクを思い出させます。配色も設定とは全く異なるものにして遊んでみようと思います。ご期待ください。

4 thoughts to “HGIBO ガンダムグシオンリベイク
パチ組みレビュー。”

  1. いつも楽しく拝見させてもらっております。やはりリベイク・流星号購入しちゃいますよねw本編に出る前から私も完全にジャケ買いです(^^)
    いつも1st・Z辺りのガンプラばかりが多い私ですが、鉄血シリーズはほぼコンプリートな購入状況です。
    大きさ・金額で迷っていたクタン参型もブログを見た影響で踏ん切りがついて購入しました。
    ビーム兵器がない戦闘シーンは『ただのケンカ』を彷彿とさせるシーンが多く、今までのガンダムにない魅力に溢れてるように感じております。
    グシオンリベイク・流星号がどのように完成するかを楽しみにしております。

    1. まさまさ様

      返信遅くなりまして大変失礼致しました。
      新しいガンダムが出る度に期待したり肯定したりしつつも心の何処かで「(初代・Z・逆襲のシャア等の)宇宙世紀ものには叶わない」という想いが実はずっとあったのですが「鉄血のオルフェンズ」はそういった雑念を吹き飛ばす魅力がありますね。

      リベイクと流星号は気合いを入れて作っているところですので完成の暁には当ブログで必ずご紹介させていただきます!

      今後とも何卒宜しくお願い申し上げます!!

  2. 大量のレビューお疲れ様です。

    HGリベイクは鉄血シリーズにしては色分けが甘かったり、豪快なモナカ割が多く、久しぶりにいじり甲斐のあるキットって感じですね~。作製の参考にさせて頂きます。

    しかしこうして元のグシオンと比較してみると、とても基が同じフレームの機体とは思えませんねw (大きさ的にも) 1/100だと、どのような構造になっているのか今から楽しみです。

    1. ちーちゃん様

      いつもコメント有難う御座います!
      仰る通りこのキットはガンプラビルダーのリベイク愛が試されるキットですよね〜(笑)
      そこそこ弄って理想のリベイクに仕立てようと思います!

      これまた仰る通り1/100版も必見ですね。どんな造りか楽しみで仕方がありません。
      普段このスケールにはあまり手を出さない当ブログですがグシオンだけは別腹ですので必ず組んでみたいと思います!

      今後とも何卒宜しくお願い申し上げます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください