ファースト・オーダー ストームトルーパー
完成報告。

000

今月最初の投稿はファースト・オーダー ストームトルーパーです。
二体作りました。と言っても武器以外は全くの無塗装です。このシリーズは並外れた出来の良さを誇ります。

001

正面。
設定に準拠するにはグローブの一部を白く塗らねばなりませんがそのままでじゅうぶんカッコ良いのでそのままです。トップコートさえ吹いていません。それでこの出来です。

002

背面もむっちりした体型をよく再現しているかと思います。

003

今後も隙あらば追加して仕事場の護衛任務に就いてもらう予定です(笑)

004

ご尊顔。
無印ストームトルーパーも優秀ですが今回は更に秀逸なパーツ分割を実現しています。

005

正面。
最初このデザインを見たとき「草生やしてどうするwwwww」と思いましたが今ではすっかり定着してお気に入りのデザインです。

006

見事としか言いようのない造型&パーツ分割です。惚れ惚れしてしまいます。

007

新旧比較。
スターウォーズに詳しくない方にご説明しますと口にあたる部分が「へ」の字になっているものが無印、所謂旧三部作のストームトルーパーで「w」になっているものが今回ご紹介する「フォースの覚醒」版のファースト・オーダー ストームトルーパーというもので御座います。

無印ストームトルーパーがキット化された時はそのスタイリングで賛否ありました。確かにこうして並べるとえらくほっそりスタイリッシュな感じです。

ファースト・オーダー版はムチムチした体型が如何にも訓練された兵士といった雰囲気を漂わせています。

008

銃は塗り分けが大変です。
ちなみにこの武器の名前は「F-11D ブラスター・ライフル」というそうです。

銃口部分のパーツを失くしてしまったのでメタルパーツやその他お助けパーツを使ってそれっぽく体裁を整えました。

色は設定とは異なり好みでガンメタ成分多めの配色にしました。

009
ザクもそうですがストームトルーパーは何体あっても困りません。

010

銃持ち手は左右分付属。

011

劇中でこんな感じのシーンがありました。

012

「Trader!!!!!」
遂にライトセーバーを受け止めることが出来る兵装がストームトルーパーに与えられました。

あのシーンはお気に入りです。
フィンがぎこちなくライトセーバーで応戦しますがその服装と相まって一般人のスターウォーズファンが劇中の世界に紛れ込んだかのような雰囲気で面白かったです。

013

この警棒みたいなのは「Z6 ライオット・コントロール・バトン」というそうです。名前からして本来は暴徒鎮圧等に使うのでしょうか。

014
盾の方は「ベータブラスト・ライオット・シールド」というそうです。

015

ライオット・コントロール・バトンは銃持ち手(左右どちらも可)で持たせるので今ひとつホールド感に欠けます。

016

飾ってしまえば気になりませんが。

017

いつもの黒い正方形の台座が付属します。靴がジャストフィットするのでポージングもある程度柔軟に楽しめます。

018

一応2体分用意しました。

019

たまにしか買っていませんがだいぶ充実してきました。
R2-D2とBB-8はお借りしているものです。

020

ちかくこちらもパチ組みレビューしたいと思います。
組立を代行したのですが立体パズルの様な造りで感動しました。
2体ともコンパクトですが多数のパーツで構成されています。
特にBB-8は今まで組み立ててきたプラモデルの中で最も驚きがありました。

021

能楽師の先輩からいただいたタイ・アドバンストx1は仕事場の目立つ場所に飾っています。

022

そして先日こちらも購入しました。近いうちにレビューしたいと思います。

023

そしてキマリスの進捗報告です。
ガイアノーツの銀サフを使ってみました。

024

今回こんな感じの方向性で作っていってます。

025

近く完成報告を行なう予定です。

026

後ハメ加工に手こずりましたがようやくここまで来たので残りの作業も油断せずにすすめていきたいと思います。

027

グラデーションを多用しています。

028

ということで今回はここまでです。
次回はほぼ間違いなくガエリオの穢れ無き伝統のモビルスーツということになりそうです。ご期待ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください